僕だけがいない街(僕街)をガチ考察③!元ネタの宮崎勤事件との類似性

僕だけがいない街 考察12
Pocket

今回の会議参加者

いかあくま ピョン2号
いかあくま通常 ピョン2号通常
考察者 初心者
質問者の写真
さて、僕だけがいない街の第3回ガチ考察、はじめるよー
質問者の写真
前回までの僕街ガチ考察を読んでない方は下のリンクからどうぞ。
質問者の写真
この記事では、真犯人がわかる直前までのネタバレがあるので、そこまで見てない方は気を付けてください。
質問者の写真
お、ついに例の実際の事件に触れていく感じ?
質問者の写真
気は乗らないけど、「僕だけがいない街」事件の元ネタのひとつではあるからね……
質問者の写真
それじゃ今回もヨロシクヨロシクゥ!
質問者の写真
今回は短めだけどヨロシク!

僕だけがいない街(僕街)のネタバレなし解説&考察記事まとめ

質問者の写真
ネタバレなしの解説と考察(アニメ)を楽しみたい方は、こちらをどうぞ。
質問者の写真
僕が推理していくよ!

「僕だけがいない街」のキャラ名

質問者の写真
考察に入る前に、まずはキャラをわかるようにしとこうか。
名前 呼び方 特徴
藤沼 悟 副業漫画家でリバイバル能力者
藤沼 佐知子 母さん 悟の母。
白鳥 潤 ユウキさん 犯人として逮捕された青年
片桐 愛梨 アイリ 高校生で悟のバイト仲間
雛月 加代 ヒナ月 or 加代 最初の被害者
小林 賢也 ケンヤ 観察力が高いアジト仲間
オサム ドラクエ好きのアジト仲間
カズ カズ シューティング好きのアジト仲間
杉田 広美 ヒロミ 三人目の被害者。中性的な男子でFF好き
美里 美里 雛月を陥れようとする意地悪女子
中西彩 中西彩 二人目の被害者。隣の小学校の生徒
八代 学 八代先生 悟のクラスの担任教師
高橋店長 店長 ピザ屋の店長
北丸久美 久美ちゃん 悟のリハビリ仲間
澤田 真 澤田さん 佐知子の元同僚でジャーナリスト

※以降、ネタバレしまくりにつき要注意!

「東京・埼玉連続幼女誘拐サツ人事件」とは?

:この事件、20代の若い人は知らない人が多いんじゃないかな……。

:1988年から1989年にかけて東京都北西部および埼玉県南西部で発生した、幼女を対象とした一連の事件。
詳しくはwikiあたりで調べてみよう。※胸糞悪い事件なので自己責任でお願いします。

:この事件以来、「オタク」という人種についての偏見がひどくなったといわれているね……

:異常なセイ犯罪を犯すのは「オタク」という異常で子供っぽい趣味を持った連中だ、という偏見は今も残り続けているね。
セイ的暴行を含む事件が解決した時、「犯人の部屋から~~の漫画・アニメ・映画・雑誌が出てきた」なんて報道が起こりやすくなってしまったのもこの事件の影響だろうね。

:嫌な……事件だったね……

:2000年代に「電車男」が映画化された時ごろからオタクについての偏見は徐々に減ってきた。
いまじゃ「クールジャパン」なんて言われて国家戦略に組み込まれていたりするから世の中わからないもんだよね。
ちなみに実際に2000年前後に中高生だったアニメファンは、「アニメ見てるとかオタクかよ!」って言われた人も多かったと思うよ。

:いまでもドラマや映画と違ってアニメの話はなかなか話題にしにくいよね……

1980年代における「幼児へのセイ的暴行事件」の認識

:昭和後期まで、こういう事件は「変質者が犯す犯罪」であるとされていた。
具体的には「無職で醜く太った中年男性による犯行」みたいなステレオタイプなイメージしかなかった。
もちろんそのような事件もあるだろう。そしてそういう事件の方が数が多かったんだろう。
だけどそうではないちゃんとした身なりの犯人もいたはずなんだけど、この手の事件はステレオタイプな犯人しか報道されないものだった。

:社会的地位のある家庭は、そういう犯罪を加害者も被害者も隠そうとするのが普通だったのかもしれないね。

:実際に「東京・埼玉連続幼女誘拐サツ人事件」は当初、被害児童の体が見つからなかった事から、セイ的暴行を目的とした犯罪だとは思われていなかった。
この女児を次々と誘拐していくイメージにしっくりくる人物像は「誘拐魔」だった。
この事件の犯人は、「自分は子供を産む事ができない女性で、子供がうらやましくて誘拐してコ口した」という内容の手紙を、被害女児の骨と一緒に新聞社に送っている。
これにより犯人は「事件の犯人は20代後半以降の女性である」というような印象を世間に植えつけることに成功した。

:ある意味で、さっき紹介した「オタク差別」はこの事件の反省ってことなのかな?
ステレオタイプな犯人像がもうひとつ加わっただけのような気もするけど。
でもこれ、「僕だけがいない街」とどういう関係があるの?

:「僕だけがいない街」では、当初から「女児を狙った変質者の犯行」というように認識されていたから、そういう共通点は少ない。
だけど、「容疑者の部屋の本棚が状況証拠として提出されてる」というのは興味深い共通点だと思うよ。

:ふむふむ。

:「東京・埼玉連続幼女誘拐サツ人事件」では容疑者の部屋から「児童●ノレノ」が出てきたのは有名な話だよね。
だけど当時、通信販売等の手段で誰にでも手に入るようなものだし、法に触れていない書籍として発行されていた以上は一定数の読者はいたんだろう。
「僕だけがいない街」でユウキさんがそういう書籍を持っていることはそれほど不思議な事ではないと僕は思う。
※「東京・埼玉連続幼女誘拐サツ人事件」の犯人は大量のビデオテープを持っていたことでも有名だけど、「児童●ノレノ」はそれほど本数がなかったらしい。

:やっぱりネットが普及してないから、嗜好書籍もだいたいの人が持っていたってことだよね。

「東京・埼玉連続幼女誘拐サツ人事件」との共通点は?

:1988年に女児のみをターゲットにしたセイ的暴行サツ人事件であるということと、犯人の自室から特殊なセイ的嗜好を持つ書籍が見つかった事だね。
あとは「僕だけがいない街」中に出てきた本によると「昭和最後のシリアノレキラ一」って呼ばれているところも。
ほかの類似点として、「犯行中に被害者の撮影を行っている」という点があるんだけど……
実はこのあたりはたかしくんに推理させようと思っているのでここまでにしとくね。

:事件内容としてはそれほど類似点がないってことかな?

:うん。「僕だけがいない街」では真犯人はターゲットに対して入念な調査をしていたけど、現実の事件ではそういうことはなく行き当たりばったりだった。
むしろユウキさんの方が犯人像としては近いと思うよ。

:それじゃ、なんでこの事件を引き合いに出したの?

:実はこの事件、根強く「冤罪説」があるんだよね……
僕は全く信じていないんだけど、もし仮に別の真犯人がいるのだとすれば、人物像は「僕だけがいない街」の真犯人のような狡猾な人物だろう。

:「僕だけがいない街」でも「冤罪」が大きなテーマだからね……

閉会式

質問者の写真
今回はここまで。
質問者の写真
もしかして全部ヘビーな話題?
質問者の写真
いやぁ……事件が事件だけに、本当はこういう考察が増えて欲しいと思うんだよね。
質問者の写真
まぁ、本来僕たちは推理が専門だからね!きっつい話題でも推理が出来るのは嬉しいよ!
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!
Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

過去の記事を見る

ページ上部へ戻る