僕だけがいない街アニメ6話を考察&解説!アイリを狙った理由とは?

僕だけがいない街6話 考察
Pocket

今回の会議参加者

いかあくま たかし
いかあくま通常 たかし通常
考察者 初心者

質問者の写真
さて、今週も「僕だけがいない街」の第6話ネタバレなし考察はじめるよー。
質問者の写真
最後に青い蝶出てきたし、今回で2006年パート終了なんだろうね!
質問者の写真
展開が速くてあっというまに30分が終わったね!
質問者の写真
次回は再上映(リバイバル)で再び雛月を助けに行くところだと思うけど、アイリは次、いつ出てくるんだろう……
質問者の写真
まぁまぁ、楽しみは来週まで取っておこうよ!今回もたかし君、推理よろしくね!
質問者の写真
あー続きが気になる!

スポンサーリンク

僕だけがいない街のネタバレなし解説&考察記事まとめ

「僕だけがいない街」のキャラ名

質問者の写真
解説&考察に入る前に、まずはキャラ名をわかるようにしとこうか。
名前 呼び方 特徴
藤沼 悟 副業漫画家でリバイバル能力者
藤沼 佐知子 母さん 悟の母。
白鳥 潤 ユウキさん 犯人として逮捕された青年
片桐 愛梨 アイリ 高校生で悟のバイト仲間
雛月 加代 ヒナ月 or 加代 最初の被害者
小林 賢也 ケンヤ 観察力が高いアジト仲間
オサム ドラクエ好きのアジト仲間
カズ カズ シューティング好きのアジト仲間
杉田 広美 ヒロミ 中性的な男子でFF好き
美里 美里 意地悪女子
八代 学 八代先生 担任の先生
高橋 高橋店長 悟とアイリのバイト先店長
澤田 澤田さん 悟母の元同僚のジャーナリスト

:さて、推理を始めてみよう!

:あ、ちょっとまって。その前に、確認だけど、「僕(たかし)は原作未読」なのでこの記事にはネタバレはないつもりだよ!
だけど、推理が当たってる場合はネタバレになっちゃう可能性があるから許してね!

第6話のまとめ

:今回の事件はこんな感じだね。

・アイリ自宅で悟母携帯からメールが。自宅が火の海に。
・悟がアイリを助けようとする。高橋店長も現れてアイリ救出。
・悟は母のメモから澤田の電話番号を入手。コンタクトを取る。
・澤田さんは一連の事件の真犯人の存在について悟に話す。
・アイリは悟との共犯を疑われ、病室が監視される。
・悟は、澤田さんの話から「ヒロミをコ口したのは顔見知り」と判断する。
・アイリは母の助けを借りて病室を逃亡。
・悟はアイリと会うが、警察に尾行されており、悟逮捕。
・悟は次の再上映(リバイバル)を予期しつつ、真犯人と思しき人物の姿を見る。

アイリとアイリの母について

:アイリの母親、アイリにそっくりだったね。

アイリ母

:そうだね。

:これで前回の推理の「実はアイリの母親は雛月」とか「実はアイリの母親も雛月母」みたいな可能性は消えたと思う。
まぁ八代先生が父親の可能性はまだありえるけどね。

:ふむふむ。

:あとアイリは雛月の生まれ変わり説もまだ生きてる。
というか、可能性としてはこれぐらいしかないような気もしてる。
雛月生存もたぶんありえないだろうし。

スポンサーリンク

澤田さん真犯人説

:さて、折り返しになって登場した澤田さん。地味に最重要人物かもしれない。

:地味に先週も悟母と話してたけどね。

:そうだね。ここで重要なことなんだけど、2006年の時点で雛月事件に真犯人がいる事を知っているのは、悟のほかはもうこの澤田さんだけしかいないんだよね。

:あとは真犯人か……

:実は最初、メモは真犯人が用意した罠で、澤田という人物を真犯人が名乗ってるんじゃないかなと思った。
悟の母と面識があって、雛月事件当時に北海道にいた以上は、容疑者の一人になりえるからだ。
だけど第5話、つまり再上映(リバイバル)中にすでに澤田さんが登場してたので、架空の人物って可能性はないだろうと気づいた。

:それじゃあ、「悟母は別の人間に相談しようとしていたが、澤田を名乗る真犯人に乗っ取られた」可能性は皆無と思っていい?

:はい。少なくとも澤田さんは本物の澤田さんでいいはず。ただ、本物の澤田さんが犯人の可能性は消えてない。
まぁ西園議員=澤田さんの可能性はまだあるけど……

:ややこしいね……

アイリの母について

:アイリの両親についての話は先週あったよね。これはどういう伏線?

:うーん、アイリの生い立ちだけど、雛月事件と関係ある感じはしないかなー。

:これもアイリの父親が西園議員である可能性はある?

:ないと思うよ。だってアイリ父親の事件をアイリが覚えてるんだから、父親の顔は覚えてるでしょ。
バイト先で西園議員を見て父親だと気づかなかったとは思えないよ。

:なるほどねぇ。

真犯人はなぜアイリを狙った?

:実は、真犯人がアイリを狙った理由がイマイチわからない。

:悟が一緒にいるだろうと思ってアイリの家に火を放ったんじゃないの?

:それは絶対に違うと断言できる。だって真犯人は「悟母の携帯からアイリの携帯に悟名義でメールを送ってる」からね。

:ややこしい……つまり、真犯人は「アイリ家に悟がいない事を知った上で火を放った」ってことだよね?

:そういうことだね。だから真犯人は、明確に悟ではなくアイリを狙ったはず。
悟を追い込むためだけに狙ったというのも考えられるけど……

:うーん、真犯人がアイリに恨みがあるとは考えにくいので悟関連の原因だというのは間違いないと思う。
ピザ屋で西園議員の「何か」を見てしまったとかかなー。

悟は雛月事件のどこから再上映(リバイバル)するべき?

:再上映(リバイバル)って近くの人に危機が起こる直前に戻るんじゃなかったっけ?
だとしたら悟は誕生日会あたりに戻ればいいんじゃないの?

:そうだね。それでもいいんだけどさ、事件の根本的な要因はさ、「雛月母によるギャク待」によるものだよね?
真犯人または共犯者がいるとしても、雛月母のギャク待癖を何とかしないとさ、雛月が救われる事はないと思うよ。

:えー。じゃあ雛月が産まれた時まで戻らないと駄目って事?

:そしたら悟も赤ちゃんだよ……
そうじゃなくて、悟はむしろ雛月母と対話する必要があると思うんだ。
今のところ、悟は無意識のうちに雛月母に喧嘩を売るようなことばっかりしてるからね。
「雛月を救う」発言や、科学センター、誕生日会と、全部母親のネグレクトを非難するような行動にしか見えない。
仮に誕生会の夜だけ雛月を救う事が出来たとしても、前回の再上映(リバイバル)と同様に犯行日付だけがズレる結果になりかねない。
だから悟は出来れば冬休みの最初か、あるいは夏休みとかGWとかのもさ、通学という制約のない時期に再上映(リバイバル)すればいいと思う。

:うーん、ループものの醍醐味である「同じ時間を繰り返す」事ができなくなっちゃうね……

:まぁ、それでも面白くなりそうだと思うけどね。

この物語の終着点の予想

:この物語は第7話で再びリバイバルに入ると思うんだけど、その物語ではやはり雛月とヒロミを救う話になるだろうと思う。

:んで、最後はどうなるの?

:雛月事件に関して言えば、真犯人と対決することなく、雛月を救う事になるだろうと思う。
現段階では真犯人についての手がかりがないし、まず雛月母をなんとかする方向性で動くと思うよ。
ヒロミ事件は女児と間違えてコ口す、というカムフラージュのための犯行だからそもそも起こらなくなると思う。
そして事件が起きなければ悟は真犯人とは対峙し得ないんだよね。
こうなると、真犯人とどこで対峙するのか想像がつかないかな……
むしろ雛月をおとりにして犯人を追うとかそういう話になっちゃうのかな……

:後味悪いなぁ……

スポンサーリンク

閉会式

質問者の写真
今回はここまで
質問者の写真
前回の予想通り、二度目の再上映(リバイバル)突入だね!
質問者の写真
悟は無事に雛月とヒロミを救えるのか!期待だね!
質問者の写真
次回にどこから再上映(リバイバル)するのか楽しみだね!
質問者の写真
ちなみにたかしくんの予想は?
質問者の写真
誕生日の夜。あるいは雛月を科学センターに誘うために雛月家にいくところ。
質問者の写真
ああ、雛月母の機嫌を損ねないようにしないといけないのか……
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

過去の記事を見る

ページ上部へ戻る