おそ松さん15話16話を考察&解説!女性向け話と焼き増しで迷走?

おそ松さん16話 考察
Pocket

今回の会議参加者

いかあくま たかし
いかあくま通常 たかし通常
考察者 初心者

質問者の写真
さて、「おそ松さん」の第15~16話考察、はじめるよー
質問者の写真
ありゃ、15話サボってたからもうやらないんだと思ってた。
質問者の写真
うーん、実はそうしてもいいかなーと思ってたんだけどさ、ちょっと思うところがあって書くことにした。
質問者の写真
二話分貯まってるけど何するの?
質問者の写真
アニメ「おそ松さん」が迷走してるんじゃないかなーってところに触れていこうかと。
質問者の写真
なんだか不安だけどよろしくお願いします!

スポンサーリンク

「おそ松さん」のキャラ名

質問者の写真
解説&考察に入る前に、まずはキャラ名をわかるようにしとこうか。
名前 呼び方 特徴
おそ松 おそ松兄さん 奇跡のお馬鹿
カラ松 カラ松 尾崎リスペクト中二
チョロ松 チョロ松 ドルヲタ常識人
一松 一松 マイペース皮肉屋
十四松 十四松 愛すべき体力おバカ
トド松 トド松 愛され上手末っ子

:15話はなんとなく過去の焼き増し感があったと思う。
「面接」は被扶養家族選抜面接と同じテーマだし、じょし松さんは前にもやったし、チビ太の話は原作にもあるとはいえ、「エスパーニャンコ」の焼き増しっぽい感じだね。
16話もF6は三度目だし、「一松事変」はタイトル的にカラ松のあれを思い出すね。別人成りすましはある意味おそ松くんらしいエピソードだけど。。。
話としてつまらないとは思わないんだけどさ、なんとなく女子受けした話を取り出して焼き増してる感じがすっごいした。

:これって、「このエピソード人気高かったらまたやって!」みたいな横槍がはいってるのかな……

:どうだろうね……ただ、そうだとしてもおかしくないような感じはしたよ。

「おそ松さん」で人気の高かったエピソードは?

:これは個人人気にも直結してくるんだけどね、この三つが鉄板だと思う。
「恋する十四松」
「エスパーニャンコ」
「カラ松事変」

:んー、まぁ妥当なところじゃないかな?
F6も人気ではあるけどちゃんとしたエピソードとしてはこの三つが人気高かったと思うよ。
女子から見ても男子から見ても面白い話だったんじゃないかな?

:んで、最近二週間はこの三つの焼き増しのようなエピソードが続いていて、イマイチ第1クールの勢いがないような気がするんだよ。

:うーん、「勢い」ってのは具体的には?

:個人的にはね、「おそ松さん」はもっとぶっ飛んだことして欲しい。
炎上商法一歩手前ぐらいのギリギリをつくような内容がもう一度見てみたい

:十四松の面接は「クレヨンしんちゃん」サイドから怒られても仕方ないかなーとは思ったけど……

:「クレヨンしんちゃん」は別に顔芸や不条理ギャグに頼ってるわけじゃないからね……

スポンサーリンク

「おそ松さん」が芸人コント化してる件

:ギャグが、なんというか芸人コントっぽいんだよねー。
「チョロ松先生」「F6ローション」なんてまさにそうなんだけどさー、「おそ松さんでなくても成立する」ってのが多くなってきたような気がする。
ぶっちゃけた話、芸人コントやるんだったら、別にアニメでなくてもいいと思うんだよね。
ネタの良し悪しは置いておくとしてもさ、いまこそ第1話以上に赤塚先生にごめんなさいしないといけないように思える

:ネタ自体はつまらなくないと思うんだけどな……

:うん、スタッフの人が元々ラジオハガキ職人だったらしいので、その手のクオリティは決して低くないんだけどさ、「おそ松さん」でなくても成立する話は別に「おそ松さん」でやらなくてもいいと思うよ。

:いまの「おそ松さん」は六つ子要素が少ない?

:あるいは、六つ子要素の意外性がないというべきなのかな……
「じょし松さん」なんてまさにそうでさ、「女子あるある」ではあるんだろうけど六つ子設定ではないので、あんまり「おそ松さん」らしくないと思った

女子媚について

:以前に実は「女子に媚びないスタイル」というのを考察したんだけど、その後なんとなく女子媚回が増えたように思える。

:単にマンネリ化しただけという説も……

:それはそれで問題だけどね……
でも、今回の「F6ローション」や「一松事変」なんて明確に女子媚を感じた
女子媚でも面白ければいいじゃん!とは思うんだけどさ、「前に人気がでた話の焼き増し」ってところが問題だと思うんだよ。

:うーん、確かにあんまり新しいチャレンジは感じなかったかな……

:女子受けのよい話を再生産するだけでいいと考えてると、男子ファンはどんどん減っちゃうと思うんだよなぁ……

:やっぱり実松さんをまたやるしかないのか……

「おそ松さん」の人気考察9「第1クールの最初の3話の掴み」

:第1クールで「おそ松さん」が人気だったのはさ、なんだかんだで「意外性」と「アウトコースギリギリいっぱいを攻める」っていう要素が強かったと思うんだよ。
特に1話,2話,3話あたりはそれぞれ全く違うフォーマットで話を作って視聴者を楽しませてくれたと思う。
1話→ほぼアウトなパロディ回
2話→六つ子日常回+キャラ紹介
3話→ショートコントギャグ(アウト含む)

特に3話はコント要素の強い回もあるけど、なんだかんだで六つ子要素を生かしたギャグが面白かったと思うんだ。

:確かに、最初の3話ぐらいはどういうアニメなのかイマイチつかみづらかったね。
製作者の頭がぶっ飛んでるってことだけは判ったけどw

:そうそう。来週はどんな話で魅せてくれるんだろう!って期待感があったと思うんだ。
少なくとも最初のうちはどのフォーマットでも「当たり」だと思わせる出来だったと思う。

:確かに。キャラ紹介回が多かったけど、どれもぶっ飛んでる設定でキャラクターを立てた話が多かったと思うよ。

:「なごみのおそ松」でやや外した感があったけど、それでもチャレンジ精神は伝わってきた。
おそ松さんのギャグってさ、「9割方当たるギャンブノレ」って感じがするんだよね。
大抵の話は面白いけど、ひとつぐらいは自分に合わないものが出てくるようなイメージ。

:まぁ好みはあるし、それこそ自己責任アニメなんじゃないのかな?

:そう、面白いも面白くないも視聴者次第のアニメのはずなのに、今やってるのは「過去に面白いと思った人に向けた焼き増し」になっちゃってるところが問題なんだなぁと僕は思うんだよ。

スポンサーリンク

閉会式

質問者の写真
今回はここまで
質問者の写真
なんか今回は厳しい意見だったね。「おそ松さん」はもう駄目な感じ?
質問者の写真
そんなことはないよ。むしろ期待の裏返しだと思って欲しいかな。仮に今の女子媚路線が続くとしても、それはそれでひとつの戦略だと思うし、別に間違ってるとは思わない。ただ僕の好みに合わないだけだよ。
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

2016冬アニメの完全ネタバレ記事も合わせてどうぞ!

2016冬アニメ ネタバレ
2016冬アニメの完全ネタバレ記事まとめ
Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

    • 匿名希望
    • 2016年 2月 02日

    おそ松さんの人気の理由を考えておりましたが、何となく分かった気がしますので持論をば
    結論から言うとおそ松さんは今までのアニメでやっていない新しい事をやっているのです
    それが多くの視聴者に衝撃を与えているのが人気の本当の理由だと思われます、といっても個人の無根拠な憶測ですがね

    ・おそ松さんには実は登場しているけど登場していないキャラクターがいます。誰だか分かるでしょうか
     答えは「あなた達」です
     ニートや非リア充という現在のトレンド、秋葉原のアイドルなどの現代的なオタクの流行など
     これらはおそ松さんの世界にも出てくるものですが、実はそれがあなた達の正体です
     
    ・おそ松さん自体はギャグアニメですが実はそれは表面的なものです、その本質は
     (パロディや面白いギャグアニメ≒それを作る優秀なスタッフ+アイドル声優達)
     =(オタクに理解がある話の上手いリア充や二次元が融合したような存在)が
     現代のオタク達に対して親しい友達のように語りかけるコミュニケーションの部分にあるのです
     このアニメ作品はアニメであってアニメではない
     アニメと現実世界にいるオタク達という境界、垣根を越えたコミュニケーションにある
     つまりおそ松さんとは現代的なオタク達に親しく語りかけて受け入れてくれる友達なのです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

ページ上部へ戻る