マギ シンドバッドの冒険6巻ネタバレ!ドラグルの能力発動

マギシンドバッドの冒険 ネタバレ
Pocket

今回の会議参加者

ピョン たかし
ピョン通常 たかし通常
調査員 初心者

質問者の写真
シンドバッドの仲間もだいぶ増えたね。
質問者の写真
そうだね。ヒナホホ、ジャーファル、ルルム……。
質問者の写真
ドラグルはどうなるんだろう?故郷に帰っちゃったけど、眷属にはなったんだよね?
質問者の写真
あれ?6巻読んでないの?
質問者の写真
そうなんだよー、間違えて5巻を2重買いしちゃってさ……。
質問者の写真
哀れな……。
質問者の写真
仕方ないな。じゃあシンドバッドの冒険5巻の内容をネタバレをしてあげるよ。
質問者の写真
ついでに、原作漫画とアニメ版の違いも教えてあげる。
質問者の写真
よろしく!!

スポンサーリンク

マギ シンドバッドの冒険ネタバレ記事まとめ

シンドバッドの冒険ネタバレ記事まとめ

1巻ネタバレ

2巻ネタバレ

3巻ネタバレ

4巻ネタバレ

5巻ネタバレ

6巻ネタバレ

7巻ネタバレ

8巻ネタバレ

9巻ネタバレ

10巻ネタバレ

マギ シンドバッドの冒険6巻のキャラ紹介

質問者の写真
まずは今回のネタバレで登場するキャラの紹介をするね。
名前 呼び方 特徴
シンドバッド シン/シンドバッド 主人公。冒険好きな青年。
ドラグル ドラグル/ドラコーン シンドバッドの最初の眷属
ジャーファル ジャーファル 元シャム=ラシュ筆頭
ダリオス ダリオス 騎士団長。金属器の使い手。
ミストラス ミストラス 騎士団長の息子。
ヒナホホ ヒナホホ イムチャックの戦士
ルルム ルルム ヒナホホの妻
バルバロッサ バルバロッサ ドラグルの兄。黒幕。

マギ シンドバッドの冒険6巻の内容

質問者の写真
それじゃあ、シンドバッドの冒険2巻の内容をネタバレしていくよ。

シンドバッドの故郷、パルテビアで繰り広げられるドラコーンとバルバロッサの兄弟の戦い…その決着は!!そして成長したシンドバッドの新たな冒険もスタート! その舞台は『マギ』にてシンドリア8人将として出てきた‘スパルトス’の故郷ササン。そこで繰り広げられる新たな冒険とは?

 

・ドラグルVSバルバロッサと四天王。

・ドラグルがタヒにかけた折に眷属器と融合して、ドラゴンのような姿になる。

・シンドバッド、ササン王国に到着。

・交易のために、騎士王:ダリオスに会いに行くが断られる。

・居シ酉屋でミストラスと出会う。

・ミストラスの騎士団脱退に便乗して、ダリオスから交易権を得る。

・ミストラスと共に次の都市:アルテミュラに向かう。

・アルテミュラの女王:ミラに交易を持ち掛けて、断られる。

スポンサーリンク

マギ シンドバッドの冒険6巻の伏線と新設定

質問者の写真
出てきた伏線と新設定を挙げていくね。

第37夜「ドラコーンの冒険③」

・四天王:ロッターの能力
→ネズミを操り、融合させて巨大ネズミを作り出す。

・セレンディーネの侍女、タミーラとサヘル
→タミーラ:体術の使い手。
→サヘル:強力な魔導士。
→サヘルはドラグルのことが気になっている。

・ドラグルの眷属の能力
→名前はバララーク・バラシーフ。
→体受けた衝撃を防ぎ、攻撃に転じることができる鱗の鎧。
→肉体強化も可能。

第38夜「ドラコーンの冒険④」

・バルバロッサについて
→ドラグルの兄。セレンディーネの婚約者。
→金属器「グラシャラボラス」の使い手。
→魔装ができる。金属を操る力(?)
→マギ「ジュダル」に忠誠を誓っている。

・ドラグルとの対決、決着
→バルバロッサの攻撃で瀕タヒになるドラグル。
→眷属に身を捧げ、ドラゴンの姿になったドラグルが暴れる。
→ドラグルたち、脱出。

第39夜「清浄の地」

・ササン王国
→山岳地帯の鉱山都市。
→根強い一神教。なので交易が難しい。

・騎士王:ダリオス・レオクセス
→ササンの最高位の騎士で最高権力者。
→金属器「アロセス」の使い手。

第40夜「導きの戦士」

・ミストラスについて
→騎士王の息子。
→外の世界に憧れていて、騎士団に入りたくない。
→弟:スパルトスがいる。
→シ酉場でシンドバッドたちと知り合う。

第41夜「決闘式」

・ユナンが登場した理由
→ササンをはじめ、各国がダンジョンを攻略しはじめていると知らせるため。

・騎士団の脱退
→名だたる騎士を倒した後に、騎士王を倒さなくてはいけない。
→今まで実現できた者はおらず、タヒの宣告に等しい。

第42夜「金属器アロセス」

・金属器「アロセス」
→鉄壁の壁を作り、攻撃された力をそのまま跳ね返す力。
→ダリオスは「神の力」と言っている。

・シンドバッドとダリオスの決闘
→シンドバッドがダリオスの力を「ジンの力だ」と看破する。
→ダリオスが勝てばシンドバッドの口封じ。
→シンドバッドが勝てば、交易権とミストラスをもらう。

第43夜「バアルVSアロセス」

・シンドバッドとダリオスの決闘:決着
→シンドバッドが「全身魔装」を駆使して勝利。
→シンドバッドを「神の使途」として国民に紹介し、交易を認める。

第44夜「父と子」

・ダリオスとミストラスの確執の解消
→ダリオスも本当は外に出たかった。
→ミストラスをこの国に縛ったのは、ミストラスを守るため。
→ミストラスは父がいたから強くなった、と感謝する。

第45夜「約束」

・スパルトスとミストラスの約束。
→スパルトスはさみしいと兄を引き留める。
→大きくなったら一緒に旅をする、と約束する。

第46夜「旅は道連れ」

・天空都市「アルテミュラ王国」
→渓谷に住む女性ばかりの少数民族。
→男はあまり見かけない。
→たどり着くためには険しい渓谷を越えなければいけない。

第47夜「天空都市」

・アルテミュラの国王:ミラ
→本名:ミラ・ディアノス・アルテミーナ
→人をおちょくったりする、難ある性格。
→男性嫌い。

マギ シンドバッドの冒険原作6巻とアニメ版の内容の違い

質問者の写真
アニメ版で原作と違った部分を挙げていくね。

9話

・ササン王国に入る前に、ドラコーンがセレンディーネを助ける話が入る。

・商館でのやり取りが少し端折られている。

・シ酉場の3人のやり取りが違う(流れは同じ)。シ酉場はの様子も違う。

・ササンが嫌いか?と問いかけるのは公演の前。

・ミストラスとダリオスの接触は、シ酉場から帰ったとき。

・スパルトスが追ってくるシーンはない。

・決闘の時にスパルトスはいない。

10話

・ササンに大きな山はない。

・同盟を結ぶまでのやり取り、話の流れとセリフが微妙に前後している。

・引き分けと言ったのはダリオス。

・ダリオスはミストラスに人生を縛っていたことを頭を下げて謝っている。

・スパルトスとの会話、ヒナホホが口を挟まない。

11話(途中まで)

・最初に女性たちは自分たちの国に来てくれるのかを聞いている。

・小さい女の子(ピスティ)が登場するシーンはない。

・ごつい女の人とぶつかるシーンはない。代わりに男がいないことに違和感を覚えている。

・女王は待合室で軽口をたたいていたら叩きだすつもりだった。

スポンサーリンク

閉会式

質問者の写真
シンドバッドの冒険6巻のネタバレはここまで!
質問者の写真
ドラグルは何とかセレンディーネを助けられたみたいだね。
質問者の写真
代償がひどかったみたいだけど……。
質問者の写真
うん。まさか、ドラゴンの姿になるとは。
質問者の写真
とまぁそんな事より、女性だけの都市が気になりすぎるー!!
質問者の写真
どんな子たちがいるのかな?ワクワクするぜー!!
質問者の写真
やっぱりそっちか。
質問者の写真
あー、続きが気になりすぎる!
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

シンドバッドの冒険ネタバレ記事まとめ

1巻ネタバレ

2巻ネタバレ

3巻ネタバレ

4巻ネタバレ

5巻ネタバレ

6巻ネタバレ

7巻ネタバレ

8巻ネタバレ

9巻ネタバレ

10巻ネタバレ
Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

ページ上部へ戻る