オカルティック・ナイン2巻をネタバレ!日下部の能力&CODEとは

オカルティックナイン ネタバレ
Pocket

ピョン たかし
ピョン通常 たかし通常
調査員 初心者

質問者の写真
オカルティックナインっていうからには主要人物は9人いるんだよね?
質問者の写真
おっいいところに気が付いたね。
質問者の写真
我聞、りょーたす、みゅう、サライ、亞里亞、森塚、桐子、梨々花…あと1人は?
質問者の写真
実はもう出てきてるんだけどねー。
質問者の写真
2巻でアイツの正体が9人目だって分かるよ。
質問者の写真
え、誰?すごく気になるっ内容教えて~。
質問者の写真
いいよ~じゃあオカルティックナイン2巻のネタバレをするね。
質問者の写真
ついでに原作ラノベとアニメ版の違いも教えるよ。
質問者の写真
やったぜ!よろしくお願いしま~す。

スポンサーリンク

オカルティック・ナインのネタバレ記事まとめ

オカルティック・ナインネタバレ記事まとめ

1巻ネタバレ

2巻ネタバレ

オカルティック・ナイン2巻のキャラ紹介

質問者の写真
まずは今回のネタバレで登場するキャラの紹介をするね。
名前 呼び方 特徴
我聞悠太 我聞 オタク男子
和泉公平 イズミン おネエ
成沢稜歌 りょーたす 天真爛漫
橋上諫征 橋上教授 オカルト肯定派
橋上サライ サライ オカルト否定派
相川実優羽 みゅう 人気占い師
鷹栖 鷹栖 会合の中心人物
羽斗山 羽斗山 元首相の衆議院議員
的場 的場 医者
澄風桐子 桐子 オカルト雑誌編集者
紅ノ亞里亞 亞里亞 黒魔術代行屋
西園梨々花 梨々花 同人作家
森塚駿 森塚 オタク刑事
日下部吉柳 日下部 亞里亞の悪魔
川畑千津 ちいちゃん みゅうの大事な友達

オカルティック・ナイン2巻の内容

質問者の写真
それじゃあ、オカルティックナイン2巻の内容をネタバレするね。

そして交差し始める9人の運命

『残念だけどアンタは――』「違う、僕じゃない!」
橋上教授のタヒ体から無我夢中で逃走した悠太は、自分への嫌疑を晴らすために真犯人を探すことを決意する。
その事件をキッカケに廻り始めた9人の運命――。
父のタヒの真相を追うサライ。手を下した犯人を訝しむ亞里亞と悪魔。独自調査に向かう記者の桐子。
彼らにまとわりつくダイイングメッセージ「CODE」の意味とは?
事件の謎に迫った時、井の頭公園での更なる大事件が彼らを襲う!
9人の変わり者たちが紡ぐ超常科学NVL(ノベル)、謎が謎を呼ぶ第2弾。

 

2月24日(水)
site25 我聞悠太

・ゾン子はハスキー声で喋るキーホルダー

・我聞は橋上教授の無残なタヒ体の記憶に苛まれ自分が橋上教授をコ口した悪夢をみる

・夢の中で橋上教授をコ口したのは自分ではないとパニックに陥る我聞にゾン子は猟奇的なサツ害を認めるように囁く

site26 森塚駿

・森塚は管轄である武蔵野署の刑事として橋上教授のサツ害現場に一番乗りし検証するが途中で本庁の捜査一課に追い出される

・現場は橋上教授の研究室で十号館六階、タヒボウ推定時刻は同日午後三時から五時までの間

・外傷が無数にありすぎてタヒ因は今のところ不明

・凶器は現場に残されていた血まみれのナイフで指紋がべったりとついている

・人工歯が一本抜き取られているのを確認する

・森塚はとある同人誌のワンシーンと今回の事件の犯行内容がすごくよく似ていることに気づく

・同人誌の作者名は西園梨々花

・森塚はスクランブル通信で安全性を確立した電波で「いつもの番号」に電話する

・森塚と電話の相手は「リスト」を探している

・森塚は橋上教授のダイイングメッセージである「CODE」というアルファベット4文字を発見次第消した

・森塚は「リスト」はCODE化してカモフラージュされていると推測する

・森塚と電話の相手は実験用のモルモットが二百五十六人だと話す

site27 M M G

・地下二階の例の場所で数人の男たちによる謎の会合が開かれる

・鷹栖は警察に通報される事態になったことを的場医師から責められる

・鷹栖はリストの件を橋上教授から聞き出せず結果コ口してしまった

・鷹栖は橋上教授の自宅を「調査」し雑誌連載用に書かれた「霊界化する世界と時間」というタイトルの原稿を見つける

・この原稿が「時間の牢獄」から脱するための手掛かりになる

・鷹栖はすでに理研の主要メンバーを集め得られた情報から臨床実験を行う段取りを進めている

・鷹栖に続き全員が復唱する「パヴァリア啓明会に永遠の命のあらんことを!」

2月25日(木)
site28 紅ノ亞里亞

・朝からどのメディアでも橋上教授のサツ害についての話題で持ち切り

・発見は午後十一時頃で事件現場から走って逃げる男の姿が目撃されている

・亞里亞は「私の悪魔」が橋上教授をコ口したのかと疑惑をもつ

・黒魔術代行には対象者のサツ害は含まれない

・悪魔は自分が手を下す前に起こった今回のきな臭い事件に怒りを覚える

・悪魔は亞里亞を協力させて犯人探しを始める

site29 澄風桐子

・霊感のある桐子は橋上教授宅に強い気配のものが「いる」のを感じていた

・桐子は先月には完成していたという新しいテーマで執筆された橋上教授のイ稿を探す決意をする

・桐子は先月の打ち合わせの際に橋上教授に最近みた夢のイメージワードについて聞かれた

・桐子は「水の底」「月明かり」「たくさんの人」と答えた

2月26日(金)
site30 相川実優羽

・みゅうと桐子は取材で出会って以来プライベートでもたまにメールをする仲

・みゅうが友達のちいちゃんを占った際に小鳥のイメージが視えた

・ちいちゃんはインコに興味を持ちペットショップに通うようになった

・みゅうにちいちゃんからメールが届く

・メールの内容は「小鳥ば」の三文字のみと心霊写真のようなもの

・それ以来ちいちゃんとは音信不通になり学校にも来なかった

site31 M M G

・鷹栖は羽斗山に第一世代の二百五十六人のバグの件を尋ねられる

・バグ因子を放置するとある程度のコントロール下にあったモルモット達の野性化に拍車がかかる

・鷹栖は羽斗山から「相応の対策」を取るよう指示される

2月29日(月)
site32 西園梨々花

・梨々花は井の頭公園で森塚と出会う

・森塚は梨々花の作品である「昏い水の底」について尋ねる

・梨々花の描く同人作品は全て梨々花が夢で見た内容を元にしている

・「昏い水の底」の一ページ目に「CODE」と書かれたオブジェが描かれていた

site33 我聞悠太

・我聞は夢で悪魔にうなされる

・起きた我聞に再びスカイセンサーからの女の声が喋りかける

・声に促されテレビをつけると井の頭公園がニュースになっていた

・今日未明に公園内の池から五十体以上のイ体が発見され、さらに百体以上のイ体が沈んでいると報道される

site34日下部吉柳

・日下部は何度もタヒんでいる

・日下部が最初にタヒんだのは夏の暑い日「自サツ」して幽体離脱した

・何度タヒんでも決まって元の体に戻ることができる

・幽霊のときに体感している時間とリアル世界の時間には結構な誤差がある

・日下部は何度目かの幽体離脱のときに自サツしようとする亞里亞に出会った

・霊体の日下部は亞里亞の心の声が聞こえ、日下部も心の中で亞里亞に話しかけた

・日下部は亞里亞に「悪魔」と呼ばれるようになり黒魔術代行業の相棒となった

・呪い対象者であった橋上教授のサツ害事件で亞里亞がひどく動揺した

・日下部は金づるである亞里亞を手放さないために橋上教授の事件を調べ始める

site35 澄風桐子

・桐子は出勤後職場のテレビで井の頭池のイ体発見について知る

・最終的なイ体の数は二百体を越える可能性があると報道される

・桐子はイ体の状態からタヒ後それほど時間がたっておらず一日か二日の間に池の中に沈んだと考える

・警察の発表によるとイ体はいずれも外傷がない

・生放送で突如事件の目撃者が現れる

・目撃者は昨晩から明け方までに約五分間隔で一人ずつ自ら池の中に入っていったと語る

・桐子は集団催眠を疑いムムーの編集者として事件を追うことになる

site36 M M G

・鷹栖は井の頭池での事件を激昂した羽斗山から詰め寄られる

・今回の件は鷹栖の独断で行った「相応の対策」

・第一世代のモルモットを一度ですべて破棄した

・鷹栖はこの事態でも「オカルト」によるマインドコントロールが十分に効いていると考える

・鷹栖は役目を終えた第一世代の破棄を終え計画を第二フェイズへ移行させようとする

site37 我聞悠太

・井の頭池で最終的に発見されたイ体は全部で二百五十六人

・外傷のあるイ体がなく事件性はないとして捜査打ち切り

・我聞は一週間ぶりにカフェ☆ブルゥムーンに行きイズミンやりょーたす、みゅうと会う

・キリバサに今回の事件を取り上げるがマスコミの世論誘導の影響でオカルト思考な人間が多い

・我聞はスカイセンサーの声をゾン子と名付けた

・我聞は昨日から今日にかけて寝ずに一日中ゾン子と家で喋っていた

・ブルゥムーンでゾン子をりょーたすたちに紹介しようとするがゾン子は全く喋らなかった

site38 我聞悠太

・我聞は最近眠りが浅く寝不足だが昨日からゾン子に寝かせてもらえない

・我聞はブルゥムーンで他人にゾン子の存在をバラそうとしたことを怒られる

・我聞は自分の無実を証明し真犯人から身を護るためにゾン子と金歯鍵の2つを絶対になくさないよう決心する

・我聞は橋上教授に関するキリバサのコメント欄でHN「どーも銭型です」という人物からのコメントを見つける

・コメントの内容は西園梨々花の同人誌「昏い水の底」のシチュエーションが橋上教授の事件と似ているというもの

・「昏い水の底」を購入し内容を確かめた我聞は「CODE」と書かれたオブジェがあることに驚く

site39 相川実優羽

・みゅうは行方不明となったちいちゃんのことを桐子に相談する

・桐子はちいちゃんからみゅうに最後に送られた写メを心霊写真ではないと断言する

・みゅうは桐子からキリバサの管理人である我聞を今度紹介して欲しいと頼まれる

・桐子と別れた後みゅうの携帯にサライから電話がかかってくる

・みゅうは橋上教授の件でサライと会って話をする約束を交わす

site40 我聞悠太

・我聞は通称ニゴロ事件について考察した「集団自サツオフ会説」をキリバサの記事としてアップする

・我聞はキリバサで取り上げてきた二件のオカルト事件の被害者がニゴロ事件の被害者と一致していることに気づく

site41 我聞悠太

・我聞はキリバサコテハンのSARAIを名乗るサライに会う

・サライはみゅうから我聞がイ体発見当日に橋上教授を尋ねたことを聞いていた

・我聞はサライに橋上教授のイ体の第一発見者であることを明かす

・我聞はサライにダイイングメッセージ「CODE」のことを話す

・我聞は手掛かりを探すためサライに頼み橋上宅に連れて行ってもらう

site42 我聞悠太

・橋上宅は井の頭公園のすぐそばで高級住宅地の一角

・我聞はサライに招かれた橋上宅で白い着物を着た幽霊のような老婆を発見する

・我聞は書斎で鍵のかかった引き出しを見つけるが金歯鍵とは合わず中身も盗まれていた

・我聞は書斎の天井の穴がメッセージになっていることに気づく

・「CODE」とはドットへと暗号化された文字のこと

site43 M M G

・鷹栖は霊界と現実界は「重ね合わせ状態」にあると話す

・霊界には時間が流れておらず霊界に行くと「時間の牢獄」にとらわれてしまう

・「時間の牢獄」の解決が鷹栖たちの最後で最大の課題

・鷹栖は橋上教授の自宅書斎から見つかった未発表の論文からその解決のヒントを得る

site44 森塚駿

・森塚は我聞を尾行しカフェ☆ブルゥムーンに入る

・森塚は井の頭池事件の二百五十六人というタヒ体の数には意味があると考える

・森塚は橋上教授がその意味について知っていたと考え橋上教授の事件を追う

site45 我聞悠太

・我聞はりょーたすとともにカフェ☆ブルゥムーンへ行きそこでサライと待ち合わせをする

・我聞はカフェ☆ブルゥムーンで自分の素性を知り尽くした森塚と出会う

・我聞は森塚と二人きりになったタイミングで「奥歯を抜いたことがあるか」と聞かれる

・我聞は橋上教授サツ害の容疑者として連行されるのかとパニックになるが森塚は何事もなかったかのように去っていく

・我聞は森塚の独特の口調から彼が過去にみゅうの「ニッコニコ生占い」で依頼者として電話していたことを思い出す

site46 紅ノ亞里亞

・亞里亞は昼間に手掛かりをつかんだという悪魔に呼び出される

・悪魔は紅ノ館を張っていた森塚を尾行しカフェ☆ブルゥムーンでりょーたすと我聞を発見した

・悪魔は依頼者と呪いの対象者と店の前をうろついていた怪しい男が三人一緒にいることを怪訝に思う

・悪魔は三人がグルになり自分たちのことを嗅ぎまわっていると判断する

・亞里亞と悪魔は三人にしかるべき対応をする決意をする

・入れたばかりのハーブティーが悪魔と話終えると冷めてぬるくなっていた

site47 橋上サライ

・午後五時頃サライは我聞との待ち合わせ場所であるカフェ☆ブルゥムーンに到着する

・サライは我聞たちに書斎の天井のドット化された暗号について語る

・暗号は五つのドットで一つのアルファベットを表す「ボー・コード」によるもの

・解読した文字列は二百五十六人分の名前だった

・二百五十六人分のそれぞれの名前の後ろにはすべて十桁の意味不明な文字列がセットでついていた

・十桁の文字列うちの末尾七桁は「EEQTUWI」で統一されていた

・我聞は真犯人だと睨んでいる西園梨々花についてサライたちに話す

site48 我聞悠太

・我聞は「昏い水の底」をサライたちに見せる

・我聞は「歯を抉り取られた」という描写と「CODE」と書かれたオブジェについて伝える

・我聞は金歯鍵のことを隠しているため「歯を持ち去った」という描写には触れられない

・半信半疑だったサライは「昏い水の底」最後のページの車のナンバープレート「3315728」を見つける

・「3315728」は「EEQTUWI」を「ボー・コード」で数字に置き換えたもの

・サライは西園梨々花に興味を持つ

・サライは我聞の挙動から何か隠し事をしていることを見抜く

site49 M M G

・鷹栖は的場に霊界に落ちた「タヒ者達」が「生存」しているのか尋ねられる

・鷹栖は肯定も否定もせず信号の数値は良くなっていると答える

・タヒ後のモニタリングが可能になれば計画は大きく前進する

・人数について疑問をもつ的場に鷹栖はシステム上の問題で一ケージにつき二百五十六人であると語る

・時間の牢獄の問題を解決できれば「新・世界システム」が完成し霊界を獲得できる

・霊界の獲得は世界の恒久的な支配を意味する

site50 我聞悠太

・みゅうは「昏い水の底」の二本目の話であるコトリバコを見つける

・みゅうはちいちゃんの最後のメール「小鳥ば」と結びつける

・みゅうはコトリバコについて桐子に電話で尋ねる

・桐子はコトリバコがオカルト系の話で「子供を取る箱」という意味だと語る

・コトリバコは箱がおいてある場所の周囲に影響を及ぼす呪術的なアイテム

・コトリバコは寄せ木細工で中に子供の身体の一部を入れる

・桐子が仕入れた情報によるとコトリバコのうちの一つが吉祥寺のどこかにある

・我聞は「昏い水の底」のコトリバコの話で表される場所が延命寺であることに気づく

・亞里亞と悪魔が突如ブルゥムーンに現れる

・亞里亞は自分たちが思い違いをしていたとを悪魔と話す

・亞里亞は延命寺で真っ白な少年が箱を抱いていると告げる

site51 相川実優羽

・延命寺の本堂には正方形の箱のようなものを持った全身真っ白の少年がいた

・箱は積み木を適当に積み上げただけのような四十センチ四方ぐらいのいびつなもの

・ちいちゃんはみゅうと間違えられて生贄にされた

・みゅうが積み木を崩していくと中にはちいちゃんの一部が入っていた

site52 我聞悠太

・延命寺での衝撃的な出来事の後みゅうはショックのあまり倒れて入院した

・我聞は家に引きこもり書斎天井の二百五十六人のリストの解読をし続けた

・ニゴロ事件犠牲者の身元はいまだに百五十人くらいしか公表されていない

・ゾン子は我聞の解読作業をしつこく邪魔し制止してきた

・我聞が解読した七十人目の名前は「GAMON YUTA」

・我聞が見ているニュースで発表された新たに判明した犠牲者の名前の一つが「ガモンユウタ」

・ゾン子は我聞がそれらを見つけてしまったことにがっかりする

スポンサーリンク

オカルティック・ナイン2巻の伏線と新設定

質問者の写真
出てきた伏線と新設定を挙げていくね。

2月24日(水)
site25 我聞悠太

・ゾン子は我聞の無実を誰も証明できないことを諭す

site26 森塚駿

・電話の相手
→正体不明。
→リストを探している。
→タイムリミットがあり時間がない。

・リストについて
→CODE化されており書類としては存在しない。
→橋上教授と関連している。
→実験用モルモットと関連している。
→詳細不明。

・ダイイングメッセージ「CODE」を消した
→向こうにバレるのを防ぐため。
→やつらは何より抹消したいリストがCODE化されていることに気づいていない。

site27 M M G

・橋上教授サツ害の件は羽斗山が警察に軽く話をつける

・橋上宅の「調査」
→非合法のもの。

・「霊界化する世界と時間」について
→このタイトルが鷹栖たちにとって非常に興味深いもの。

2月25日(木)
site28 紅ノ亞里亞

・「私の悪魔」との出逢いについて
→兄のミイラ化という現実に耐え兼ね自ら命を絶とうとした亞里亞を不思議な声が止めた。
→タヒとは選ばれし者に「与えられる」ものだから。
→亞里亞にはまだその権利がないから。
→黒魔術を知る亞里亞は声の正体を悪魔だと推察し、声もそれを肯定した。
→亞里亞は兄のイ体を愚弄した罪に対する罰だと思い悪魔と契約を交わす。

・悪魔と亞里亞の契約について
→対象者のサツ害は含まれない。
→成果報告はしない。

site29 澄風桐子

・「水の底」「月明かり」「たくさんの人」
→桐子がみた夢のイメージワード。
→一ヶ月前に紛失していた桐子の打ち合わせ用の手帳に書かれていた。
→「※重要」と添え書きまでしてあった。

2月26日(金)
site30 相川実優羽

・心霊写真について
→ブレすぎれどこで撮影されたものか不明。
→どこかの道。
→路上に一枚のトレーディングカードが落ちている。
→夕焼け空。
→ちいちゃんのものだと思われる長い影。
→画像の右上に大きくはっきりと写った不自然な白い光線のようなもの。

site31 M M G

・第一世代のバグについて
→実験の影響により電気性能が高まっている。
→霊界との親和性が想定以上に強くなっているため。
→詳細不明。

・オカルトブームをつくったのは羽斗山たち
→あらゆるメディアを使って流行をお膳立てした。
→「霊界から遠ざける」ため。
→多少強引なことをしても「オカルト」として大きな問題にならないため。

・ニコラ・テスラが残した最大の発明「オッドアイ」について語られる
→詳細不明。

2月29日(月)
site32 西園梨々花

・梨々花は井の頭公園の「神様」に出会う
→ネットでたびたび話題になっている人物。
→五十歳以上のホームレス。

・井の頭公園の「神様」の演説について
→公園には悪魔が取り付いている。
→武蔵野の大地はウォーデンクリフの電磁波によって汚染されている。
→東京電磁波塔による世界システムのニコラ・テスラの実験は続いている。
→病院にこそ闇の陰謀が渦巻いている。

・「昏い水の底」について
→ネット上で話題になっている梨々花の同人誌。
→形見代わりに愛する人のタヒ体から歯をナイフでえぐり取る。
→「CODE」と書かれたオブジェが描かれる

site33 我聞悠太

・スカイセンサーにはゾン子のストラップがくくりつけてある

site34日下部吉柳

・日下部吉柳について
→何度タヒんでも幽体離脱となり元の体に戻れる能力がある。
→幽霊状態の日下部が亞里亞のパートナーである「悪魔」。
→長期間幽霊となり体から離れ続けると戻った際に体中の関節が痛くなる。
→体に負担がかかるため長く幽霊で居続けるのは危険。

・幽霊のときに体感している時間とリアル世界の時間には結構な誤差がある
→幽霊でいる間はもの凄いスピードで未来を見られる。
→生きてる体に戻ってもあまり時間は進んでいない。

site35 澄風桐子

・目撃者について
→四十代と思しき小太りの女性。
→井の頭公園付近のマンション八階の住人。
→ベランダから目撃していた。
→桐子は記事のために目撃者を捜し証言を取ろうとする。

site36 M M G

・井の頭池の事件の犯人は鷹栖

・「相応の対応」について
→第一世代のバグに対する対応。
→確認されたバグは数人ではあったが全てのモルモットへの感染を予防した。
→実験の継続のために早急な対応が必要だった。
→第一世代の破棄により、計画は第二フェイズへと進む。

site37 我聞悠太

・井の頭池の事件について
→我聞は集団自サツだと考える。

・ニゴロ事件について
→我聞が考えた二百五十六人集団自サツ事件の略。

・ゾン子について
→スカイセンサーから響く女の声の名前。
→スカイサンサーにくくりつけてあるストラップのキャラ名。
→我聞がスカイセサンサーからの声をゾン子が喋ってるように錯覚したため。

site38 我聞悠太

・ゾン子は我聞以外に存在を知られたくない
→ゾン子は我聞にも正体や意志疎通の仕組みなどを教えない。

・「CODE」について
→橋上教授のダイイングメッセージ。
→報道でも一切触れられていない。
→知っているのは橋上教授がタヒんだ現場を見た人間だけ。

・我聞は西園梨々花が犯人である可能性が高いと判断する

site39 相川実優羽

・ちいちゃんについて
→みゅうの大事な友達。
→行方不明になって一週間たつ。
→家族は警察に捜索願を出している。

・井の頭公園の事件の犠牲者はいまだ半分しか身元が分かっていない

・桐子はキリバサに重要な情報が集まっていると考える
→みゅうを介して我聞に取材を試みようとする。

site40 我聞悠太

・「コックリさんの呪いマジ怖ぇ!」について
→我聞が先月キリバサで公開したオカルト記事の一つ。
→十月十三日午後七時頃に吉祥寺女子高校二年生が「コックリさん」をして倒れた。
→武蔵野メディカル総合病院に救急車で搬送された。
→その後女子高生は武蔵野メディカル総合病院の精神科病棟に入院していた。
→二月二十九日午後十一時頃に病室から消え行方不明となった。
→この女子高生の名前がニゴロ事件の犠牲者の一人と一致した。

・「ひとりかくれんぼ実況男が帰ってこない!」について
→我聞が先月キリバサで公開したオカルト記事の一つ。
→失踪したニコ生主の姉のツイッターアカウントの情報が新しくコメントされていた。
→姉が弟の携帯電話の位置情報を調べると井の頭池のど真ん中だった。

site41 我聞悠太

・我聞は日常的に金歯鍵に合う鍵穴を探している
→橋上宅に鍵穴があると考える。

・サライは我聞が犯人だとは思わなかった
→橋上教授は一瞬間以上も研究室に監禁され拷問されていた。

・サライはCODEという文字に見覚えがあった
→ずっと昔に橋上教授の書斎で書類を見た記憶があった。

・サライは父がコ口された事件の真実を知りたい
→警察は情報を教えてくれない。
→事件当日の日に橋上宅の書斎が何者かに荒らされていた。
→完全に計画的な犯行であり証拠は全部持ち去られてしまっている。

site42 我聞悠太

・白い着物を着た老婆の正体は橋上教授の妻
→心労のせいで老けてしまった。

・我聞は「CODE」を発見する

site43 M M G

・鷹栖たちは「霊界の獲得」を目指している

site44 森塚駿

・森塚は我聞がキリバサの管理人であることを知っている
→我聞が橋上教授サツ害の容疑者であることも知っている。
→我聞を逮捕すれば表向きは事件が解決することも分かっている。

・森塚は「電話の相手」と「リスト」について話す
→森塚は「リスト」が二百五十六人へと繋がると考える。
→鍵は橋上教授。

site45 我聞悠太

・サライはドット暗号化された「CODE」の謎を解く
→我聞に今朝連絡し、カフェ☆ブルゥムーンで会うことになる。

site46 紅ノ亞里亞

・依頼者について
→りょーたすのこと。
→我聞を呪って欲しいと依頼した。

・呪いの対象者について
→我聞のこと。
→最上位コース「悪魔の儀式」の対象者。

・怪しい男について
→森塚のこと。
→なぜ亞里亞を調べているのか不明。

site47 橋上サライ

・書斎天井の無数の穴について
→CODE化された文字。
→「ボー・コード」というパソコンの記録媒体として使われていた文字コード。
→五つのドットで一つのアルファベットを導き出せる。

・二百六十五人分の名前全てはまだ解読できていない
→時間がかかるから。
→サライが十桁の意味不明な文字列の解明を優先したため。
→名前の解読を我聞やみゅうに任せようとするがりょーたすが阻む。
→名前の解読は一旦放置となる。

・十桁の意味不明な文字列について
→末尾七桁は「EEQTUWI」で統一されていた。
→その前の三桁は変動する。
→「QEQ」が一番多い。
→他には「QQQ」「POQ」「QRQ」「QPQ」「QEY」「QEQ」「QQY」「QWQ」「PIQ」がある。
→「QQY」は一つだけ。
→法則性はあるようだが意味までは不明。

site48 我聞悠太

・「昏い水の底」は去年の冬コミに出されたもの
→橋上教授サツ害よりも前。

・「昏い水の底」は話が計五本収録されている
→歯を抉り取る描写やCODEが描かれているのは三本目。

・我聞は金歯鍵について隠す
→人間としての信用を失うのが怖い。

・「EEQTUWI」=「3315728」
→「ボー・コード」ではアルファベットだけでなく数字に置き換えることもできる。
→意味についてはサライが今後調べることになる。

site49 M M G

・井の頭池での処分で「オッドアイ」が十分実用段階にあることを証明できた
→羽斗山の言葉。
→オッドアイについては不明。

site50 我聞悠太

・「昏い水の底」のコトリバコの話について
→主人公はコトリバコという小鳥を入れるための箱を持つアルビノのスカシた男
→二人の福の神が登場する

・オカルト系の話のコトリバコについて
→人を呪いコ口すためのもの。
→呪いの影響を受けるのは女性と子供のみ。
→子孫が途絶えるから「子取り」箱。
→呪いの効果は箱に入れる生贄の子供の数で決まる。

・延命寺について
→吉祥寺でただ一つ二人の福の神がいるお寺。

・亞里亞はブルゥムーンでの話を悪魔を介して盗聴していたことを告げる
→サライが悪魔の存在を疑うと悪魔は店内の電球を割って見せる

・悪魔の声は亞里亞にしか聞こえない

site51 相川実優羽

・箱の周囲にはトレーディングカードが散らばっていた
→ちいちゃんが最後に送ってきた写真に写っていたのと同じもの。

・白い少年は森塚と面識がある。
→みゅうのことを「だいぶ前にモリヅカが話していた大注目女子高生」と表す。

・生贄はみんなに愛されている存在でなければならない
→少年は生贄にふさわしい者としてみゅうを教えてもらった。
→誰に教わったのか不明。

・未成年だから罪にならない
→白い少年が何度も繰り返す言葉。

・白い少年は寺の裏手にある墓場へと姿を消す
→我聞は少年の異様な雰囲気に圧倒され後を追えなかった。

・みゅうとちいちゃんはお揃いの髪留め
→みゅうがちいちゃんの誕生日にプレゼントした。
→箱の中にちいちゃんの一部と一緒に入っていた。

site52 我聞悠太

・我聞は警察の動きを怪しく思う
→あまり信用できない。

・ニゴロ事件のリストは少なくとも一年も前に橋上教授によりまとめられていた

・身元が判明した犠牲者は全部で二百名
→残る五十六名はいまだ身元不明。

・ゾン子は我聞が真実を知ることを阻止してきた

オカルティック・ナイン2巻とアニメ版の内容の違い

質問者の写真
アニメ版で原作と違った部分を挙げていくね。

アニメ版4話と原作の違い(原作site34,35,37~41までの内容を含む)

・原作二巻の内容に突入しているが、未だにMMGについては一切触れられない

・ゾン子が自分の存在をブルゥムーンでバラそうとした我聞に怒るシーンカット

・桐子がみゅうに相談を持ち掛けられた際にちいちゃんからの写メを見るシーンカット
→原作ではこの際に霊感のある桐子がちいちゃんが生存している可能性が高いことを示唆する。

アニメ版5話と原作の違い(原作site41,42,44~46までの内容を含む)

・森塚が亞里亞に直接接触するエピソードの追加

・相模が梨々花と接触し会話をするエピソードの追加
→原作ではなかった相模と梨々花のつながりの示唆。

アニメ版6話と原作の違い(原作site36,43,49,50~52までの内容)

・コトリバコの所在についての推理をするのが亞里亞に変更
→原作では我聞が安明寺だと気づく。

・森塚の捜査シーンの追加
→亞里亞に蠱毒について尋ねる。

・MMGについての話が始まる

・ニゴロ事件の犠牲者が我聞だけじゃないことが示唆される
→桐子、SARAI、森塚も。

スポンサーリンク

閉会式

質問者の写真
2巻のネタバレはここまで~。
質問者の写真
我聞が犠牲者?でも生きてるよね、どういうこと!?
質問者の写真
ヒントは色々散らばってるよ~
質問者の写真
MMGについてもまだサッパリ分からないんだけど!
質問者の写真
今後少しづつ明かされていくかもね!
質問者の写真
続きが気になるー!
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

アニメ版4話と原作の違い(原作site35,34,37~41までの内容を含む)
・一巻分も含めMMGについてだけ未だに少しも語られない

・桐子がみゅうに相談を持ち掛けられた際にちいちゃんから送られてきた写メを見るシーンカット

オカルティック・ナインネタバレ記事まとめ

1巻ネタバレ

2巻ネタバレ
こちらの記事も合わせてどうぞ!

2016続編情報
2016アニメ続編情報まとめ!
Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

過去の記事を見る

ページ上部へ戻る