3月のライオン2巻ネタバレ!零の勝ちたい理由&香子との関係

3月のライオン ネタバレ
Pocket

今回の会議参加者

ピョン たかし
ピョン通常 たかし通常
調査員 初心者

質問者の写真
零の過去が謎過ぎて、夜も寝れないよー!
質問者の写真
そこまで!?
質問者の写真
零のこと想うと胸が痛む。辛いよ~。
まだまだ過去の情報が少なすぎる。
質問者の写真
早く何があったのか知りたい!今すぐ!!
質問者の写真
仕方ないなぁ。じゃあ、3月のライオン2巻をネタバレしていくね。
質問者の写真
ついでに、原作漫画とアニメ版の違いも教えてあげるよ。
質問者の写真
やった!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

3月のライオンのネタバレ記事まとめ

3月のライオン2巻のキャラ紹介

質問者の写真
まずは今回のネタバレで登場するキャラクターを教えるよ
名前 呼び方 特徴
桐山零 主人公
幸田 幸田 零の師匠・義父
二海堂晴信 二海堂 プロ棋士四段
松本一砂 松本 プロ棋士五段
スミス スミス プロ棋士六段
林田 林田 零の学校の担任
宗田冬司 宗田 名人
あかり アカリ 3姉妹の1番上の姉
ひなた ヒナタ 3姉妹の真ん中
モモ モモ 3姉妹の末っ子
相米二 相米二 3姉妹の祖父。和菓子屋。
香子 香子 幸田の娘
幸田の息子
高橋勇介 高橋 ヒナタの意中の人
実父 実父 零の実父。事故でなくなった。
後藤 後藤 香子の彼氏?
松永正一 松永 プロ棋士七段
安井 安井 プロ棋士六段

3月のライオン2巻の内容

質問者の写真
それじゃあ、3月のライオン2巻の内容をネタバレしていくよ。

「勝つ理由が無い」といいながら、負けると苦しいのは何故だ。将棋に対して中途半端な自分に悩む零。そんな零の前に、義姉・香子が現れる…。少しずつ、零の過去が明かされる第2巻。

 
・プロ棋士になって2年目、初めて2連敗をした零は行き詰まっていた。

・ついには3連敗し、自分が中途半端なことに思いつめる。

・ヒナタと一緒にいたところ、ヒナタの意中の相手高橋勇介に会う。

・高橋に疑問を投げかけられ、その強い意志に向き合う零。

・趣味が将棋の高橋の父に”MHK杯での零の敗因を聞くように”と言われて来た高橋と録画ビデオを見ることに。

・零のその対局の解説には二海堂が。二海堂は、零に対しての熱い思いを語る。

・ヒナタに将棋を教えてと言われ、将棋の駒と入門書を購入しに行く。

・そこで二海堂に会い一緒にヒナタに将棋を教えることになる。

・3勝3敗の零。二海堂は6勝。ここで踏ん張れないと降級点が付く。

・先輩の松本六段に二階堂の思いが零に伝わってない事が悔しいと言われる。

・アカリの何気ない言葉に実父を思い出し、大事なことに気づく。

・そんな時突然、零の前に義姉の香子が現れる。

・順位戦の対局がある零に対し、香子が嫌味な心配をしてくる。

・松永七段と零の対局で勝利した零は、松永に八つ当たりされ松永の将棋に対する思いを聞くことになる。

・忘れ物を届けに再び香子と会う事になった零。

・その年最後の安井六段との順位戦を控える中、香子から安井が離婚したことを聞く。

・安井との対局も勝利、安井にも八つ当たりされた零は積もり積もった思いを叫ぶ。

スポンサーリンク

3月のライオン2巻の伏線と新設定

質問者の写真
出てきた伏線と新設定を挙げていくね。

Chapter11「神様の子供(その①)」

・連敗して昇級しようとする気持ちを失った。
→次の島に向かう理由をもうすでに何一つ持てなくなっていた。
→”次の島”は昇級?

・”どこかに行きたい”と思わず口にした零。
→相米二「どこへ行きたいのか?」
→行きたい場所なんて無く、”どこかに行ってしまいたかった”事に気づく。

・対局が重なり移動教室に参加できないことにがっかりした零。
→がっかり=参加できない事にではなく、行かずに済むことにほっとした自分に対して。
→学校になじめず友人もいない。
→林田に何の為に高校に入り直したのかわかんない。と言われ認める。
(ここではまだ明言されない)

・chapter1の”~アナタの居場所なんて~”は香子の言葉
→プロ棋士になって自分(零)の力で生活できること。
=”自分(零)の居場所”だと思った。

Chapter12「神様の子供(その②)」

・宗谷冬司→将棋のタイトル(棋神、聖竜、玉将)3つを防衛する名人。

・他人の期待と嫉妬と今の不調。
→中学生でプロになった人は零を除いて4人。
→4人は”名人”または”タイトル”を取っている。
→自分と他人を比べてしまう零。

・連敗を知っている林田が零を励ます。
→零が今必要なのは、自分に勝つこと。

・林田「成績は良い、勉強がしたかったからじゃないよな?」
→図星の零は答えられない。
→対人関係か?(ここでも明言はない)

・3連敗した零は、自分が全てにおいて中途半端だと思い悩む。
→”勝つ理由がない”と思いながらも負けると苦しい。

・ヒナタから見た零。
→静かで大人っぽいけど泣き虫。

Chapter13「神様の子供(その③)」

・アカリ
→妹の面倒、お店の手伝い。

・ヒナタ
→妹の面倒、家の手伝い、優しくてしっかり。

・零は、自分と比べ情けなくなる。

・高橋勇介
→プロ野球選手を目指している。父親の趣味が将棋で零のことを知っている。

・高校に入り直した理由(Chapter12)を高橋に聞かれる。
→人付き合いも苦手、学校になじめず将棋しかとりえがない零。
→「逃げなかった」記憶が欲しかった。
→逃げた記憶は自分に自信が持てなくなるから。

・”次の島”へ向かう理由が見つけられ立直ることができた零。
→いつか宗谷に訊ねたい事ができた(昇級しなければ宗谷には会えない)
→訊ねたい事=ゴール(名人)の向こう側。

Chapter14「大切なもの。大切なこと。」

・二海堂「自分の将棋と自分をもっと大切にしろ!それが伸び悩みの原因だ。」
→零の投げやりな将棋を見て喝を入れる。
→二海堂の上からな目線に声をあらげる零。
→どこか楽しそう?なんだかんだ零は、二海堂に助けられてると思う。

・そんな様子を見て、ヒナタは将棋を教えて欲しいと零に言う。

Chapter15「将棋を教えて」

(将棋の説明回)

・零は、ヒナタに将棋を教えてと言われ驚く。
→自分の世界について興味を持ってもらえた事に嬉しくなる。

Chapter16「面影」

・降級点
→1度降級点が付くと来期以降勝ち越さないと消せない、2つたまると下のクラスに落ちる。

・幸田の降級がかかった長い戦いを傍で見てきた零は、取り戻す為の戦いが昇級の戦いよりも消耗する事を知っている。

・松本とスミスにMHK杯の解説のあと、二海堂が貧血で倒れたことを聞く。
→松本「二海堂の熱い想いが届いてないことが悔しい、二階堂をがっかりさせるな!」

・三勝三敗の零に対して、六勝の二海堂。

・二海堂の自分を疑わない、前に進もうとする熱さが零を苦しめる。
→自分(零)に期待してくれる二階堂に、向き合えない自分がいるから?

・実父への想い
→将棋に夢中になると現れるクセが見たくて将棋の勉強をがんばった。
(1巻で”将棋は苦手だったけど忙しい父と一緒に居られる大事な時間だから”とある)
→クセ=何も取り繕ってない本当の父。
→実父が大好きだった?

・実父が憧れた将棋の世界に今自分が立って居る事に気づく零。

・零の前に突然現れた義姉、香子。

Chapter17「遠雷(その②)」

・後藤という男が掴みかかっている零の回想シーン
→過去に何が?
→あの男はダメだよ。という零に「大好き」と答える香子。
→香子の彼氏?(はっきりと明言されない)

・零との対局に負けたら引退することを香子から聞く。
→嫌味な心配。
→これを言いに零に会いに来ただけ?
→そんなに零が嫌いなのか・・・?(この巻では、まだよくわからない)

・順位戦・・・6月に始まり月1局づつ3月までかけて行われ、3月の最終戦で昇級(降級)が決まる。
(クラス/昇級したときの段/現時点での主キャラの今期クラスと現段位)
→奨励会・・・~三段
→C級2組・・・四段(松本五段・二海堂四段)
→C級1組・・・五段(零五段)
→B級2組・・・六段(スミス六段)
→B級1組・・・七段
→A級・・・八段
→名人・・・九段

Chapter18「遠雷(その②)」

・松永正一
→7段、65歳、棋士歴40年。

・松永との対局は零の勝利。

・松永の零に対する態度。
→負けたとわかったら駒を雑に扱う。
→階段で転び、助けた零に対して礼も無し。
→顔は見たくないと言いつつ、うなぎを奢れと叫ぶ。

chapter19「遠雷(その③)」

・松永から見た幸田と香子
幸田→強いだけで面白くない。
香子→気が強く憎たらしいが鬼のようにキレイな顔立ち。

・松永の態度の真相
→中学生でプロ入りした零は松永にとって眩しくて、悔しい存在でタヒ神にしか思えなかった。
→対局室で零を見た瞬間”美しいタヒ神”だと思い、正々堂々戦おうと決める。
→が、”負けたくない”と言う想いが湧いてきた。

・将棋が好きですか?の零の問に、勝った時の喜び、負けた時の苦しみをそんな言葉で言い表せないと答える。

・香子からの電話
→零は松永が将棋を辞めないことを伝える。
→松永は将棋を辞めない。

chapter20「贈られたもの(その①)」

・香子の忘れ物を届けるが何故、零の家じゃダメなのかと問われる。
→Chapter17での零が女に押し倒されてる回想シーン再び。
→このことから女は香子だと推測。

・安井
→普段は腰も低く気も弱いが、負けると飲んで暴れ別人に。そのことが原因で離婚。娘もいる。

・安井との対局(12月24日が対局日)にまで嫌味な事を言う香子。
→安井の娘が”クリスマスまではパパと一緒にいたい”と言っていた事を零にわざわざ伝える。
→勝って帰ったお父さんと負けて帰ったお父さん最後の思い出にいいのはどっち?と零に問う。
→でも嫌なのにそんな嫌味ですら聴いていたいと思う零。

・(回想)幸田家でのある年のクリスマス、零だけ将棋の駒が送られた。
→幸田の零に対する期待。
→実子の香子と歩がその時どんなに傷付いたか。
(こう言う事もあって罪滅ぼし的な意味で香子の嫌味を聞いている?と言うか受け入れている?)
→クリスマスを苦しいと思ってきた零。

Chapter21「贈られたもの(その②)」

・安井との対局はあっけなく零が勝利
→昼休憩後、シ酉の臭い、ミスも出る安井。
→感想戦も途中で放棄。
→安井の八つ当たり。

・何かが弾けたように走り出し、叫びだす零。
→負けた人を憐れむくせに負けられない、負けてあげられない自分(零)と大切なものを簡単に手放す相手にも腹が立った?(こっちは真剣に想って自分とも戦ってんのに、お前の想いはその程度か!?的な?)
→負けられないのは生きる手段が零には将棋しかないから。

3月のライオンの原作漫画2巻とアニメ版の内容の違い

質問者の写真
アニメ版で原作と違った部分を挙げていくね。

アニメ版6話と原作の違い(原作12話までの内容)

・林田「でもこれじゃあお前~」の前に1巻Chapter8でカットになった、棋士が休みの時にしている事の説明が入る。

・林田「今日はサッカーボール(おにぎり)じゃないんだな。」
→林田「今日はサッカーボールみたいな、あのおにぎりじゃないんだな。」

・林田が持っていた雑誌の名前「将棋世界」
→「将棋現代」

アニメ版7話と原作の違い(原作15話途中までの内容)

・12話の零の「頭ではわかっているのに、動けないのは何でだ。」のシーンが冒頭に入る。

・高橋の「じーっっ」まで全てカット。

アニメ版8話と原作の違い(原作17話までの内容)

・Chapter15の途中、二海堂の歩兵の説明から入る。

・零「・・・あのう」の前に零に付いて来る二海堂のシーンが入る。

アニメ版9話と原作の違い(原作19話までの内容)

・Chapter19最後、松永「いやじゃ~」の言い回しが、心底嫌そうな言い回しになっている。

アニメ版10話と原作の違い(原作21話までの内容)

・Chapter21冒頭、安井との対局シーンが入る。

・安井「負けました」から本編に入る。

・Chapter21最後、零が叫ぶシーン
→零が倒れこむシーンの追加。

アニメ版11話と原作の違い(原作23話までの内容)

・特になし。

アニメ版12話と原作の違い(原作25話までの内容)

・辻井武史9段のギャグ「適正価格」と「エステー科学」
→「三択」と「サンタクロース」に変更。

・辻井武史9段の2コマ目のギャグ
→「駒を切ると、駒をキリマンジャロ」

・ジップロック
→魚を入れる袋。

・将棋世界
→将棋現代

スポンサーリンク

閉会式

質問者の写真
3月のライオン2巻のネタバレはここまで!
質問者の写真
零の闇が深すぎる・・・。
質問者の写真
零の事を想うと、こっちも心が痛むよね・・・。
質問者の写真
そもそも、香子が何で零の対局を一々把握してんの!怖っ!
質問者の写真
だよね!謎過ぎて恐怖を覚えるよね。
質問者の写真
さらに先が気になって寝れないかもしれない・・・。
質問者の写真
続きが気になるー!
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

ページ上部へ戻る