乱歩奇譚の第7話を解説&考察!コモダとヒトミを消した犯人を予想

乱歩奇譚7話 考察
Pocket

今回の会議参加者

ピョン2号 たかし
ピョン通常 たかし通常
考察者 初心者

質問者の写真
この記事は1ページ目の続きの2ページ目となります。
質問者の写真
なので、まだ1ページ目を読んでいない方はまずは1ページから見てください。
質問者の写真
1ページ目を読んだという方は、このまま2ページ目を読んでいきましょう!
質問者の写真
あ、ちなみに解説&考察記事を書いてみたいという方も募集しています。(途中からでも来季からでも可)
質問者の写真
詳しい内容は以下のリンク先に書いてあるので、興味があったら是非!
質問者の写真
では続きからレッツゴー!

スポンサーリンク

「警察の不甲斐なさ」再考察

:怪人二十面相事件はてっきり心神喪失で釈放された犯人に裁きを加える話だと思ってたけど、それだけじゃないみたいだね。
怪人二十面相事件は、警察が捕まえられない社会悪全般に対する制裁を行うことを指すみたいだ。

:というと?

:警察が立件できない悪とか、法は犯してないけど人倫は犯しているような人間に裁きを与えることを許す集団心理。
これが怪人二十面相事件の本質だろうと思われる。

:つまり「キラ様万歳!」とか「笑い男事件(攻殻機動隊)」ってこと?

:そういうことだね。後述するけど、ブラック企業の摘発は本当に難しいんだ。
ブラック企業だけじゃなくて、世の中には改善していかなければいけない様々な社会悪が存在する。
本来は国会で適切に審議した後に取り締まれるようにしないといけないんだけどね。
このプロセスを煩わしいor不可能だと考える人たちが、怪人二十面相になっているんだろうと思われる。

:なんでそういう社会悪を摘発するのに必要な法律がパパパっとできないの?

:日本の場合は野党による「党利党略に基づく無意味な審議拒否」とか「首相への人格非難」とかたくさんあるね。
だけど、一番の原因は有権者が政治に興味を持ってないことだと思うよ。

:怪人二十面相になるぐらいなら、ちゃんと選挙に行けって事?

:そういうことだね。
日本人は政治に対して冷めているというか、他人事や芸能ニュースのように考えている人が多い。
国会や沖縄や米軍基地でデモをするのは「市民(Civil)」とはとても呼べないような活動家(いわゆるプロ市民)ばっかり。
法案について国民全体が盛り上がるようなケースがほとんどない。
せいぜい消費税増税ぐらいじゃないかな?

:国民にとって、実利か実害がないと法案の良し悪しは分からないからねぇ……

:あんまり政治的な話をするのもなんなので、この話はおしまい。
重要なのはこの作品において「警察が不甲斐ない」のは心神喪失者についてではなく、法をすり抜ける社会悪全般について摘発できないことだということ。
そして怪人二十面相事件は「摘発不可能な社会悪に裁きを与えることを許す集団心理」が根本にあるということ。

:怪人二十面相事件は最終回まで引っ張りそうだから要チェックだね!

スポンサーリンク

ブラック企業

:ブラック企業ってなにさ?

:過重労働・違法労働で社員を使いつぶすことで成長する大企業、ってところかな。
たかしくん、イメージは沸くかな?

:うーん、残業してもお金もらえない会社?

:残業代が出ないってイメージがあるけど、それは定義とは無関係だね。
なんだかんだで世間には残業代を出す会社のほうが世の中は多いから、意外と報酬が多いブラック企業も多い。

:んじゃ何のために社員を使いつぶすの?
残業代を払うより、仕事に慣れた人を定時で使ったほうがいいと思うんだけど。

:ピョン2号もそう思うよ。
だけどこれにも心身喪失者の措置入院が甘い件と同じく、日本独特の事情がある。
実は日本は正社員を非常に解雇しづらい国なんだ。
大量に正社員を解雇するとマスコミから袋叩きにされるし、法律も基本的に労働者が簡単に解雇されないようになってる。
経営が危なくなったときに解雇しないと企業そのものが潰れちゃうような場合でもなかなか解雇できない。
資本主義世界では、企業は労働者の数を調整することで生産調整を行うべきなんだけど、
自分の会社の正社員を解雇できないから、派遣とかアルバイトとか契約社員とか下請け企業とかをいじめて調整しているのが日本の現実。
ブラック企業では解雇しなくても正社員が勝手に辞めていくから、こういう生産調整がしやすいんだ。

:解雇って言いたくないから、自分から辞めていくように仕向けてるってこと?

:簡単に言えばそうなるけど、もっと性質の悪いケースがある。
ブラック企業の経営者のなかには、正社員を使いつぶす事を悪とはみなしていない人間もいるんだ。
辞めるのは根性がない、とか自分が若いころはもっと大変だったとか、出来ないは嘘つきの言葉、とかで自らの悪事を認めようとはしない。
本編でも洗脳という言葉が出てきてたけど、若い社員を言葉巧みに洗脳して安く使いつぶそうとするブラック企業の経営者は「吐き気を催す邪悪」と呼ぶに相応しい。

:法律は助けてくれないの?労働基準法とかそういうのあるんでしょ。

:労働基準監督署という、労働者の権利を守る機関があるけど、ほとんどの人は相談しようともしない。
解雇を恐れていたり、自らが洗脳されているという事実に気がついていなかったりするからね。
本来は国が積極的にブラック企業を摘発するべきなんだけど、「残業禁止法」みたいんことをやりすぎると経済へのブレーキになってしまう。
ブラック企業に限らず、どの企業も繁忙期ってものはあるからね。
どうしても社員が無理しないといけない場合もあるから、判定が難しいんだ。
それでも○タ○みたいにあからさまなブラック企業は摘発したほうがいいと思うけど。
サービス業は残業がつかなくて辛いね。

:チェーン店の居シ酉屋が安いのには、理由があるってことだね……
怪人二十面相を支持する人の気持ち、分かっちゃうなぁ……

:前から言ってるけど、こういう現状を変えたかったら、きちんと選挙に行こう!

:どうでもいいけど、黒蜥蜴が踏みつけてるのは奴隷じゃないんですかね……

犯人考察

:この事件の犯人が誰なのかについて考えてみようと思う。

:ヒントになりそうな描写はあったっけか

:とりあえず、容疑者候補は4人。
ミヤマ警官、ツノダ現場監督、キタミ作業員、ヒガシコウジ事務員。
伏線と思しきは「歯車状の部品」「本物の人形」「ローマ皇帝ヘリオガバルス」「密室」。

:本物の人形発言と歯車が気になったかなぁ。

:4人の条件の差は発言のみだから、そこに絞って話をしよう。

・キタミ作業員:「展示場のほうからすごい音がしたんで三人で駆けつけたんす」
・ヒガシコウジ事務員:「まさか、誰かが埋まっているなんて思いもしませんでした。こんな恐ろしいことは……」
・ミヤマ警官:「発見された時刻は今日未明です。午前4時ごろだそうで」
・ツノダ現場監督「何?私らがずいぶん早くから仕事してるって?昼も夜もなく自分から進んで働く。これぞコモダの愛社精神!」

:おかしなところは?

:ヒガシコウジ事務員の「誰かが埋まってる」発言がちょっと不自然かな。
現時点では「だからなんだ」程度の違和感だけど、普通崩れた人形の下敷きになることを「埋まる」って言うかな?
あと全体的にコモダ会長に対する個人崇拝を感じない。
ツノダ現場監督あたりはどっぷり社畜根性を発揮してるけど、カリスマ経営者がなくなったことについてドライだよね。
あとキタミ作業員発言の「すごい音がした」「三人で駆けつけた」の発言から、音発生時には犯人は現場にいなかったことが伺える。
歯車を利用した時限装置的トリックを使ったんだろうね。

本物の人形

:さて、”本物の人形”って何?

:どうしても、1話2話の人間椅子の発想が頭にあるので、「人形がコモダコーポレーションの犠牲になった女性にそっくり」とかそういう感じを想像するね。
人間剥製とか人間椅子(アニメ)的な発想なのかも。

:でもコモダコーポレーションの社員の顔なんて、アケチ探偵もコバヤシ少年も知らないよね?

:んー、この時点でコバヤシ少年とアケチ探偵が共通で知っている女性の顔なんて、いままでの事件の関係者ぐらいだろうね。。。

:ホシノさんとかハナビシ新担任とかトキコちゃんとか?

:もしそっち側の方面で推理するなら、容疑者はもう一人増えるね。ナカムラ警部。

:もう誰も信じられないな……ってかナカムラ警部までいなくなったら警察が一切出てこなくなっちゃうよw

:ただ、この事件は二十面相の挑戦状さえなければ事故で済まされるはずだったのに、わざわざ挑戦状を送ってきたのが気になる。
そんなことをする動機があるのは、ブラック労働に苦しんでる社員なんだろうけど、労基署に連絡したほうがいいと思うんだけどねぇ……
逆に挑戦状を送るのはナカムラ警部らしくないかなぁ……

ヘリオガバルス

:遊蕩の限りを尽くして「退廃と性 的倒錯」の名を欲しいままにするローマ皇帝。
四回の離婚と五回の結婚を繰り返し、最後には男性の「妻」になることを宣言した。
ついでに密偵を放ってアレが巨大な男性を見つけてきては情 事を楽しんだという。
猟奇的なことでも有名で、アレを切り落とさせて猛獣の餌にしたり、という逸話もある。
女装してシ酉場に入り浸り、宮殿を売●宿のように扱ったりと、とにかくすごい。

:乱歩的……と言っていいのかな?

:どうだろうねぇ……いずれにしてもこれが伏線の場合は、経営者二人が猟奇的●態だということになるね。
描写がとんでもないことになりそう。

:地上波でそんなんで出来るわけないだろ!

:経営者二人がすなわち変●性 欲者だった場合でも、犯人は女性に限定されないことがこれで分かる。

歯車状の部品

:いかようにもトリックに使えそうだけど、どんなんが考えられるの?

:そもそもこの事件、深夜に老人二人だけでパノラマ館にいるのはおかしいよね。
深夜になんらかの「楽しみ」に惹かれたと思うのが自然だ。

:待ち合わせ場所に罠を張ったってこと?

:該当部分の歯車を抜くとかかな?

:まぁこれだけじゃわかんないよねw

:むしろ自らを社会の歯車に見立て、一つがなくなることで致命的な事件が起きることを示してるとか、そういう象徴の可能性もある。
この場合も、前回の発言からナカムラ警部が動機的に怪しくなるかな……

:警視庁勤務だろうし、忙しいナカムラ警部が三重県でそんなことできるとは思えないんだがなぁ……

密室

:これはお手上げでしょ。何一つ推理材料がないからね。

:全員犯人説……(ぼそっ)

:推理でもなんでもないじゃねーかw

8/15追記。原作リスペクトの「すりかわり」トリック?

:紹介したとおり、原作だと菰田と人見は瓜二つの容貌を利用してすり替わっている。もしかすると本作でもすり替わりが行われたんじゃないかと友人から指摘があった。

:何をすり替えたの?

:ヒトミが自分のタヒ体を、別の誰かにすり替えた。
つまり、ヒトミは生きてて今回の事件の犯人、そしてタヒ体は別の誰か(パノラマ島で命を落とした男性とか?)ってことね。

:なるほど。でもさ、判断材料が下半身しかないとはいえ、入れ替わってたら普通バレるんじゃない?

:友人曰く「ズボンと靴はヒトミのものになってるんじゃないかな?ヒトミのズボンや靴が見やすいシーンがなくて、実際にはヒトミのものになってるかは不明だけど」とのこと。

:えー。それだと南検視官なにやってんだよって話にならない?

:南検視官が「また来週!」と言っていたので、「下半身はヒトミのものじゃなかった」って修正する可能性もあるかなーと。

:その可能性がないとは言い切れないか……でも、結局ちゃんと調べればすぐにバレちゃうようなトリックを使ったのはなんで?って話になるね。

:せいぜい数日間程度時間が稼げればよいという考えだったのかもね。いずれにしても可能性の一つとして頭の片隅に入れておいてもいいんじゃないかと。

回答二十面相のコーナー

:コメントありがとうございます。今後も考察に限らずコメントをお願いいたします!

:コーナーなくならなくてよかったねw

MASH氏の発言

小林少年か明智探偵のお稚児かも、という噂は読者の願望も含まれているかもしれませんね
(僕もそうであってほしいと願う層ですが)

 
:┌(┌^o^)┐!!!

:┌(┌^o^)┐!!!

ただ、明智探偵が作品ごとにだんだん年を取っていく一方でいつまでも少年のままであり続ける小林少年には理想の少年像を作者が抱いていると感じるものがあります

 
:え?明智探偵は年取るのに、小林少年は年齢据え置きなの?

:そうw少年探偵団には年齢制限があるからね。これは仕方ない。

妻の文代さんは時々病欠しますし
明智探偵が50歳になった時には「まるで親子の様に」と書かれていましたね

 
:そういえば奥さんいるんだっけ。全くアニメでその気配ないけど。

:嬢か赤ちゃんか、あるいはあの住み着いた猫なんてどう?

:あの猫、アケチ探偵のこと大好きだったからね!

アニメの方は原案比較とか差し置いて存分に笑わせていただきました。スピーディなギャグのテンポがたまりません
DVDには特典としてドラマCDが付いてくるようですが、今作のようなノリであれば購入を検討してしまいます

 
:さぁDVDをみんな買おうぜ!

:宣伝乙ww

次回はいよいよパノラマ島奇譚です。前後編とあるので久々に推理劇が起こるかもしれません
パノラマ島は丸尾末広の漫画版もお勧めです。あの奇怪な風景を見事絵で再現しております

 
:さっそく買います!

:買ったら貸してねピョン2号ww

ASIOS氏

健常者と精神病の犯罪者の起訴率はほぼ同じくらいというのが国会質問の回答でありました。
ttp://prejudices.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
現状では精神医学的・科学的に不可能とされる再犯を予測し、人間を拘束することが可能になる法律に反対すると犯罪者の人権を守ることを第一に考えるような団体とか言われます。
措置入院処置以外にも医療観察法という社会防衛体制がありまして、宜しければリンク先を御覧ください。

 
:コメントありがとうございます!本稿での人権意識についてRe:の形でお答えしておりますので、ご参照ください!

:もしコメントについての解釈が間違ってたらすみません!ご指摘ください!

スポンサーリンク

閉会式

こちらの記事も合わせてどうぞ

乱歩奇譚のアニメ続編2期の有無を色々な視点から予想してみた

乱歩奇譚の第1話を解説&考察(1)原作「人間椅子」との違いも説明

乱歩奇譚の第1話を解説&考察(2)犯人はあの人か?(ネタバレ?)

乱歩奇譚の第2話を解説&考察!小林が先生と認識できた理由

乱歩奇譚の第3話を解説&考察!原作「影男」のあらすじと比較

乱歩奇譚の第4話を解説&考察(1)原作「怪人二十面相」との比較

乱歩奇譚の第4話を解説&考察(2)原作「黒蜥蜴」のあらすじ紹介

乱歩奇譚の第5話を解説&考察!原作「芋虫」紹介と現実世界との対比

乱歩奇譚の第6話を解説&考察!原作「地獄風景」比較と警察の怠慢描写

乱歩奇譚の第7話を解説&考察(1)原作「パノラマ島綺譚」との比較

乱歩奇譚の第7話を解説&考察(2)コモダとヒトミを消した犯人を予想

乱歩奇譚の第8話を解説&考察!トリックや数式の欠陥について

乱歩奇譚の第9話を解説&考察!原作「恐ろしき錯誤」との比較

乱歩奇譚の第10話を解説&考察!ナミコシはキラと似ている?

乱歩奇譚の第11話(最終回)を解説&考察!原作「白昼夢」紹介

乱歩奇譚を考察!より面白い作品にするためにどうすべきだったか妄想してみた

乱歩奇譚は何クールで全何話?放送局別放送日時もチェック
質問者の写真
今回はここまで。
質問者の写真
こんなに長いのは初回以来じゃないかな?
質問者の写真
あらすじも原作紹介も長かったからね。次回は予告を見る限り胸糞回だね!覚悟しておこう!
質問者の写真
来週も考察みてね!
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

    • ぴょん
    • 2015年 8月 16日

    アニメでパノラマ島は「三重県」にあるってでてたけど、乱歩は三重県の鳥羽造船所で働いてたことがあって、そのとき海に見える島々を舞台にパノラマ島を書いてるんで、これも原作リスペクト

    • アニゴエBOSS
      • アニゴエBOSS
      • 2015年 8月 16日

      ぴょんさんコメントありがとうございます!

      原作冒頭で描かれている通り、菰田家はM県S郡T市I湾の設定でしたね。
      今昔、Mで始まる県がほかにないので三重県の志摩郡の伊勢湾と断定されていますね!
      ※T市が津市か鳥羽市(当時は町)かどうかは議論があるそうです。
      乱歩自身が三重県名張市の出身ですので、大変縁が深い県と言っていいでしょうね!
      一般にはパノラマ島はミキモト真珠島だとされていますが、
      前回記事で登場した日本風ぞく研究家の岩田準一の子孫によると、伊勢湾口の「神島」ではないかという説もあったりします。なお、三島由紀夫作品「潮騒」のモデルになった島でもあるそうです。(ピョン2号)

    • ナカヤマ
    • 2015年 8月 18日

    探偵ものとしては邪道かもしれませんが、犯人は新キャラの二十面相(OPに出ていた羽根飾りの人)と考えます
    社員の怨恨による犯行だとすると、ヒトミまで手にかける動機はありませんよね
    巻き添えを食らったとしても味気ない話ですし、最初は彼がコーポレーションを乗っ取るつもりだったと推測してみます
    黒蜥蜴情報によると薬を使った洗脳もあったようなので、強欲なトップが言いなりになるのも難しい話ではないかなと
    原案の通り全財産なげうってでも建設に取り掛かりたいと言っていましたが、ブラック企業が下地にあるのならそんな夢想は口にしないでしょうし

    暴徒からアケチが二十面相事件を片っ端から解決している理由も、二十面相に紛れた旧知の人物(階層に出てきた友達?)を虱潰しに探しているのではないかと
    そのアケチの活躍を見た二十面相が返礼と言う形で挑戦状を送ったのではないか?
    二十面相が原作の様に変装の名人であれば、キタミ辺りにでも変装しているのではないでしょうか
    パノラマ島奇譚を解決させた探偵の名前ですし(メタ推理)

    • アニゴエBOSS
      • アニゴエBOSS
      • 2015年 8月 19日

      ナカヤマさんいつもコメントありがとうございます!

      >>探偵ものとしては邪道かもしれませんが、犯人は新キャラの二十面相(OPに出ていた羽根飾りの人)と考えます

      そんな馬鹿な……と否定しきれないところが乱歩奇譚の油断できないところですね。
      そしてその場合、犯人は逃亡するのでしょうね。その後アケチ探偵の昔話になるのかも。

      >>社員の怨恨による犯行だとすると、ヒトミまで手にかける動機はありませんよね
      >>巻き添えを食らったとしても味気ない話ですし、最初は彼がコーポレーションを乗っ取るつもりだったと推測してみます
      >>原案の通り全財産なげうってでも建設に取り掛かりたいと言っていましたが、ブラック企業が下地にあるのならそんな夢想は口にしないでしょうし

      この場合は原作よろしく、菰田のすりかわりになりますね。
      ヒトミが足だけしかでてきていないので、本人かどうかの確認が本当にできていたのか謎なんですよね。
      そしてその場合、少なくともコモダが生きているように見せかけないと、意味がなさそうですね。
      数日間だけ誰かをだませればよいケースであれば納得するのですが……

      >>暴徒からアケチが二十面相事件を片っ端から解決している理由も、二十面相に紛れた旧知の人物(階層に出てきた友達?)を虱潰しに探しているのではないかと
      >>そのアケチの活躍を見た二十面相が返礼と言う形で挑戦状を送ったのではないか?
      >>二十面相が原作の様に変装の名人であれば、キタミ辺りにでも変装しているのではないでしょうか
      >>パノラマ島奇譚を解決させた探偵の名前ですし(メタ推理)

      なるほど。そうすると二十面相の本物はコバヤシ少年とも縁深い人物かもしれませんね。(ピョン2号)

    • ナカヤマ
    • 2015年 8月 18日

    「蜘蛛男」に出てきたパノラマ館では、49体の女の人形を誘拐した女性たちに置き換えて毒力゛スでタヒ体にして飾ろうとする計画がありました
    このアニメのパノラマ島の人形にも本物の女性が混じっているかもしれませんね
    口封じの為のお偉方への接待の場としても使えるし、人形自体も、過酷な労働で倒れた従業員の隠蔽にも使えそうです
    ツノダ現場監督あたりもお零れにあずかっているかもしれませんね。人形の中に本物が混ざっても驚きそうにありません

    ヘリオガバルスの名前が出てきましたが、なんとなく今回女装姿ではしゃぎまわっていたコバヤシ少年の方がよほどヘリオガバルスぽいと感じました

    • アニゴエBOSS
      • アニゴエBOSS
      • 2015年 8月 19日

      蜘蛛男をもじるならそんな感じがいいですね!
      乱歩作品には石膏で固めたり剥製にしたりするのは割と常套手段なので、面白そうですね!

      コバヤシ少年のサイコっぽさが怖いですね……
      最終話に闇落ちしてないことを願う限りです。(ピョン2号)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

ページ上部へ戻る