すべてがFになるアニメ第5話&第6話をネタバレ解説!犯人は誰?

すべてがFになる ネタバレ
Pocket

今回の会議参加者

大石陽
大石陽通常
考察者

質問者の写真
それでは、『すべてがFになる』第5話&第6話のネタバレ解説だ。
質問者の写真
第5話は過去編の比重が大きく、第6話は逆に現在編の比重が多い回だったから、まとめるにはちょうどいい。
質問者の写真
これで1クールの半分、原作からしてもちょうど半分といったところだ。
質問者の写真
今までは、はっきりと犯人を名指しすることは避ける方向でいたけど……。
質問者の写真
そろそろ、『あいつが怪しい』とみんな考えているところかな、と思うし、区切りもいいから、今回から真犯人をはっきりと提示することにする。
質問者の写真
この解説にはアニメおよび原作の『すべてがFになる』、そしてS&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズのネタバレが、これまで以上に含まれる。
質問者の写真
それでもOKな人だけ、このまま本文に進んで欲しい。

スポンサーリンク

『すべてがFになる』のアニメ第5話『銀色の希望』&第6話『真紅の決意』をネタバレ解説&考察

犯人は結局誰なのか?

すべてがFになる モニタ越しの真賀田四季
というわけで、まずは予告通り最大の謎から明かしていこう。

15年前の事件、そして、現在のふたつの事件。

真賀田研究所を舞台にした凄惨な事件の犯人は、いずれも“天才”真賀田四季だ。

「まさかそんな」

と思っただろうか。それとも、

「ああ、やっぱり」

と思っただろうか。

私としては、後者の人が多いのではないかな、と予想している。

では、真賀田四季は自分で自分に手を下したのか?

もちろん、そんなことはない。

あの花嫁衣装を着せられていた被害者が真賀田四季であるとすると、その後の新藤所長の事件が説明できないからである。

それでは、あの事件の被害者は一体誰だったのか。

スポンサーリンク

第一の事件の被害者

すべてがFになる 四季の部屋の本棚

そのヒントは真賀田四季の部屋にある。

真賀田四季らしくない本。

真賀田四季らしくないぬいぐるみや玩具。

二人分ある家具。

これらの情報は、すなわち、真賀田四季の部屋には最初からふたりいたことを示している。

真賀田四季の部屋には、他人の出入りが厳しく制限されている。

他の人間を隠すのは、簡単とは言わないが可能だ。

では誰を隠していたのか。

被害者の外見は、過去編の、14歳の四季と非常によく似ている。

結論から言うと、最初の事件の被害者は四季の娘である。

そして父親は過去編で匂わされているとおり、新藤清二だ。

研究所に入る時点で、四季は既に娘を身ごもっていた。

部屋にあった四季らしくない物品や、鍵の開け閉めをするロボットは、娘のためのものだったのだ。

真賀田四季の犯行計画

すべてがFになる 真賀田四季のメッセージ

部屋にあった15巻までの本、『すべてがFになる』のカレンダー、四季の残したメッセージ。

犀川先生は、メッセージは犯人が残したものだ、被害者が自分の運命を知ってこのようなメッセージを残すのはおかしい、と言っているが、それは全くそのとおりだ。

しかし、犯人が四季で、被害者が四季ではなかったとすれば、「メッセージを残したのが四季であること」「メッセージを残したのは被害者ではなく犯人であること」は、まったく矛盾しない。

Fは、16進法における最大の数であり、10進法表記では15になる。

そして、四季がこの部屋で過ごしたのも15年間。

四季はかなり前から、この犯行を計画していたことになる。

となれば、もちろんシステムの不調やデボラの暴走も四季が予め仕組んでおいたものだ。

水谷がRedMagicのバージョン6を見て驚いていたように、研究所のシステムを司るOSは真賀田四季が開発したものだ。

つまり、この15年目の事件のために、OSそのものに予め仕掛けを作ってあったのである。

後からの細工であれば、改変された部分を見つけることで問題を解決することができるし、バグであればおかしい箇所を探せば良い。

しかし、根本的な部分が予め不調を起こすようにプログラムされているとは普通は疑わないものだ。

そして、娘に花嫁衣装を着せ、P1に乗せて部屋から送り出す真賀田四季。

人々は当然娘のほうを追う。

四季は、その隙にエレベータを使って屋上に上がったのだ。

萌絵たちは屋上で誰かが呼んだ可能性を考えた。

地下からエレベータに乗り込んだ人の姿は監視カメラには映っていなかったのだから、乗っていないと考えるのは当然だ。

しかし、犯人が研究所創設時から既に犯行計画を立てていたのであれば、予め映像を記録するシステムに手を加えるのも可能だ。

さらに、四季には研究所内に有力な共犯者も存在する。

真賀田四季と共犯者

すべてがFになる 観覧車に乗る清二と四季

共犯者とは誰か?

それはもちろん、新藤所長だ。

過去編でもわかるとおり、彼は四季と深い関わりを持っている。

真賀田左千朗博士に代わって真賀田研究所の所長となったのも、もちろん元から左千朗に声をかけられていたというのもそうだが、15年前の事件で四季の共犯者となったということが大きい。

ストーリーの序盤にあった真賀田四季についての語り。

彼はこの夏のために真賀田四季についてのことを書き遺していたということは、彼がこれから起こることについて、四季から知らされていたことを示すものだ。

彼自身が被害者となった第二の事件も、予め覚悟していたものだったと考えれば、萌絵が言ったようにコックピットで背後から貫かれていたことに不思議はない。

いつ、どのように犯行が行われたかについては、少し後に説明しよう。

本編では早々に退場した彼だが、重要な役割を果たしている。

それは、真賀田未来を研究所へと連れてきたことである。

真賀田未来とヘリコプター

すべてがFになる 真賀田未来

先程も言ったように、真賀田四季は犯行後、屋上に向かった。

萌絵たちは、真賀田未来がヘリコプターから下りてくるところを目撃しているが、ヘリが戻ってきたところは当然見ていない。

そして、新藤所長は真賀田四季の共犯者である……。

もう予想がついたかもしれないが、新藤所長が連れてきたと称する真賀田未来こそが、真賀田四季本人だ。

「真賀田四季」と比べると大人びているが、当然だ。

真賀田四季はもう14歳ではない。今や29歳のはずだからである。

「四季」の姿を見せられて驚いたり、日本語が不自由なふりをしたり、というのは全て演技に過ぎない。

それらも含めて、“天才”真賀田四季の計画なのだ。

真賀田四季と本当の犯行計画

すべてがFになる 萌絵と四季

しかし、この犯行にはまだ不可解な点もある。

研究所から、このような事件に乗じて自由になるためだけに、わざわざ娘を今まで育てる必要があったのか。

元からいなくなる予定であるなら、なぜ最近になって娘を真賀田四季として露出させていたのか。

……これらの説明のつかない行動は、しかし、犯行計画に変更が生じたのだと考えれば説明できるようになる。

それでは、本来の計画はどのようなものだったのか。

当初の計画では、犯人は娘であり、四季と清二が被害者となるはずだった。

四季が15年前に両親を手にかけたように、娘にもまた、自分たちふたりに引導を渡す役割を与えようとしたのだ。

娘を育て、対外的に真賀田四季として露出させていたのも、娘に自分の名を継がせる計画だったのだろう。

子孫を残すことと、その親の生命の終わりとが四季の中で結びついているのは、清二の独白の中でも語られていることだ。

四季は、15年前の事件でその思いを強くしたのだろう。

萌絵に、両親を失った事件について「真賀田四季」が尋ねたのも、この犯行計画あってのことだと考えられる。

その計画はなんらかの原因で破綻した。

だからこそ、四季は計画を変更し……、しかし、犯行自体は事前準備通りに行うこととし、自らが外界に出ることにしたのだ。

自分の名を継がせることに失敗した今、彼女がいったいなにを目的としているのか……。

それは、S&MシリーズやGシリーズなどで起こる様々な事件、そして、百年シリーズなどにも影響していくことになる。

四季のビジョンの一端に触れたいという人は、是非原作にも挑戦して欲しいと思う。

スポンサーリンク

閉会式

質問者の写真
……というわけで、今回はここまでだ。
質問者の写真
今回は、事件の真相について、まさに中核部分を解説させてもらった。
質問者の写真
しかし、真賀田四季については、全てを語り尽くしたというわけではない……、と思う。
質問者の写真
それどころか、原作を網羅しても全てが語られているわけではないだろう。
質問者の写真
これから、まだ新しい情報も出てくるはずだから、折を見てネタバレ記事自体は書く予定だ。
質問者の写真
それでは、また次回をお楽しみに。
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

    • はやし
    • 2015年 12月 25日

    はじめまして。
    「すべてがFになる」のアニメ版した見ていない初心者です。
    アニメ最終話まで見てから数か所見直して、ネットで解説など見て「なるほどな~」って再度、楽しんでおります。

    しかし、2点だけどうしてもよくわからないことがあり、ぜひ、解説していただきたくコメントしました。
    もし、このコメント欄の趣旨と異なっておりましたら、申し訳ありません。(その際は、無視してください)

    さて、不明点は以下です。

    ①真賀田四季は犯行後、屋上に向かい着陸したヘリコプターに乗り込んで、元々ヘリコプターに乗っていたように
     演じていますが『屋上にたまたま誰かがいたら、計画は破たんしていたのでしょうか?』それだと、結構運任せの計画な気が・・

    ②『真賀田四季はどうやって新藤所長をコ口したのでしょうか?』犯行後、屋上に向かった際は新藤所長は生きてますよね?
     もし、その時点で刺されているなら、普通ショックで気を失うと思います。
     気合いで何もされてないそぶりをしたのかもしれませんが、萌絵たちが何も言わなければ、新藤所長もヘリコプターから
     出てこないといけなくて、刺されてるのバレます。
     別の機会に刺したとすると、これも新藤所長の行動次第では、犯人がばれる可能性があり、運任せな気が・・

    いかがでしょうか?
    自分が理解できてないだけかもしれず、お手数ですが、解説いただけると幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

過去の記事を見る

ページ上部へ戻る