終物語アニメ第6話を解説&考察!老倉からの最後の手紙の内容は?

終物語6話 考察
Pocket

今回の会議参加者

まこ たかし
質問者の写真 たかし通常
女アニオタ 初心者

質問者の写真
今回は解決編となったね。
質問者の写真
老倉の母親がどこにいったのか、という謎が前回出されたけど……まさかあんな展開だったとは……。
質問者の写真
驚きだったね。でも、それを知った老倉の顔がすっきりしていたね。
質問者の写真
そうだね。それに、今回は答え合わせと後日譚という構成になっているから、いつもよりわかりやすかったよね。
質問者の写真
うん。まあ、またあの人物が関わってきちゃったけどね~…本当、何者なんだろう?
質問者の写真
それでは、6話の考察を始めましょう。

スポンサーリンク

終物語のアニメ解説&考察のルールと楽しみ方

質問者の写真
私は物語シリーズはアニメは全シリーズ視聴していますが、原作は読んでいません。そのため、以下のルールで解説を書きます。
①原作についてのネタバレは見ない
②終物語に関する他サイトの記事は絶対みない(ネタバレ食らうのを防止)
③検索エンジンやSNSでサーチをしない
質問者の写真
というわけで、この記事ではネタバレはないので安心してください。放送された情報と、自分の考えしか書きません。

コメントについて

質問者の写真
いただいたコメントは、別の方に私が見ても問題ないか審査してもらって、OKであれば拝見させていただきます。
OK判定のコメント
・記事を読んでの感想
・解説の間違い指摘
・原作未読者による私の予想の否定(代替意見なし)

NG判定のコメント
・ネタバレ
・今後のヒント(扇の正体など)となってしまうような情報
・私の予想の否定(代替意見あり)

終物語のキャラ名

質問者の写真
続いて、キャラ名と呼び方を復習しましょう。
名前 呼び方 特徴
阿良々木暦 阿良々木くん 主人公
忍野扇 黒髪ボブカット袖長女子
老倉育 老倉 銀髪ツインテール女子
羽川翼 羽川 ボブカット女子の委員長
戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原 阿良々木くんの彼女
千石撫子 千石 阿良々木くんの妹の友達

終物語のアニメ第6話を解説&考察

スポンサーリンク

早速扇が登場

終物語 扇はついてきていた?

:やっぱりというか、さっそく扇が登場した~。

:後をつけてきたのかな?でも追いかけている感じはなかったし、ここにいることを元々知っていて訪れた感じがする。

前々回、羽川と扇のバトルのシーンで、何も言わなかったのに、扇は学校からだと老倉の家のほうが戦場ヶ原の家より近いって知っていたし。

なーんか怪しいよなぁ……。

:そういえば、そんなことも言っていたね。

羽川の全盛期?

:そして、羽川に負けたことが悔しかったのか、めちゃくちゃあおってるwww

:阿良々木先輩が愚かなのは知っていましたけれど羽川先輩、あなたまでが愚かだなんて。
やっぱり全盛期じゃなくなってるんじゃないですか?あはは、あはは。

終物語 あははあはは

:この「あはは」はなんかイラっとするなぁwww

ところで、全盛期って何?扇が羽川に対して何回か使っている言葉だけど。

:羽川は猫の怪異と関わっていた話は前にしたと思うんだけど、その能力を取り込んでいた時があって、その時のことを「全盛期」と言っているんじゃないかな。

詳しくは猫物語(白)や猫物語(黒)を見ることをオススメするよ。

:扇はおじさんから、羽川の全盛期について聞いていたのかな?

:いやー、違うと思う。羽川がそういう人物だってもともと知っている感じがするよ。

「全盛期じゃない」という言葉であおっているんじゃないかな。

:扇って本当、何者?

:扇については、今回も最後にまとめて検証したいと思う。

羽川の推理タイム

:扇ちゃん、十秒頂戴。証明するわ。私を選んだ阿良々木くんが正しかったと。
:10、9、8、7、6、5、4、3、2、1……ゼ
:ゼロは数えなくていい。私の勝ち

終物語 私の勝ち1

終物語 私の勝ち2

終物語 私の勝ち3

終物語 私の勝ち4

終物語 私の勝ち5

終物語 私の勝ち6

:あれっ、髪の毛が白くなっちゃった!

:これも怪異の影響で、羽川は普段は髪の毛を染めて学校に通っているんだよ。

:そうなんだ。ここで髪を白くしたのは怪異の能力を使ったりしたの?

:ううん、そういう意味ではないと思う。単純に頭を冷やしてひらめこうとしたんじゃない?

:そんなに暑い時期でもないはずなんだけど……寒くないのかな。

老倉は正気の沙汰ではない?

:どういうものの考え方してるのあなた……正気の沙汰じゃないよ、こんなのを最初に思いつくなんて……。
:あなただって、最終的にはその真相に至ったんでしょう?
だったら、そんなことを言われる覚えはありませんよ。
それに、もっとも正気の沙汰じゃないのは、老倉先輩でしょう?
あの方が一番、ぶっちぎりで正気の沙汰じゃない。
:(どういうことだ?)


終物語 正気の沙汰じゃないよ

:このふたりは、この時点で老倉の母親がどこにいったのか、わかっちゃっているんだね。

:そうだね。羽川も頭を冷やして考えた結果、どうやら扇と同じ結論にたどり着いたみたいだね。

:ふたりとも、探偵になれそうだね~……にしても、老倉が一番正気の沙汰じゃないっていうのは、どういうことなんだろう?

:ここでわかるのは、密室の謎から「単なる失踪じゃない」という結論が出てくるということだね。

そもそも「正気の沙汰」というのは、「気を確かに持って物事を考え、物事の是非を判断して処理することを意味する語。正気で行われる判断」という意味なのね。

老倉が正気の沙汰ではないということは、老倉自身が正気の判断ができていないということ。

老倉はお母さんが密室から勝手に出て行って失踪したと言っていたけど、それが正気ではない判断だということだね。

つまり、単なる失踪ではない。

:ということは、羽川と扇はこれがどういう失踪なのか、わかってしまっているということ?

:そうだね。

:ええーまだお母さんどこに行ったか全然わかってないのに!展開早いよ~。

:続きを見ていこう。

ヒント合戦

終物語 ヒント合戦

:ヒント1。老倉先輩のお母様はもうなくなっています。
:ヒント2。阿良々木くんが中学生の頃、老倉さんの家を廃屋と勘違いしていたのと同じように、老倉さんもまた一つ勘違いをしていた。お母さんについて。今もしている。
:ヒント3。密室からの消失は必ずしも、密室からの脱出ではない。
:ヒント4。お母さんがなくなっているのなら、そのごいたいはどうして見つからないのかしら。どうして失踪扱いのままなの?
:ヒント5。仮に私をパートナーに選んでいてくれていたとしても、老倉先輩の話からでは、それについてのところは、正確なことがわからなかったでしょう。さて、それは何?
:ヒント6。老倉さんの前の家は、片付けまでは手が回らず、ゴミ屋敷状態だった。
:ヒント7。お母さんはある日突然いなくなった。ではその前日はどうだったのでしょう。
:ヒント8。ご家庭の崩壊のことで、老倉さんのお母さんの心は酷く弱っていた。生きる気力を失うほどに。
:ヒント9。お母様はそのうち食事を全然召し上がらなくなったそうですね。で、ここでいう全然を「そうは言っても少しくらいは食べてたんだろ?」という意味に勝手にマイルドに解釈しませんでした?
:ヒント10。いつからか、話しかけてもまったく答えなくなったと言っていたわよね。
:ヒント11。部屋の隅からも動かなくなったとも。
:ヒント12。食べなくて、聞いてなくて、喋らなくて、動かない。これって生きていると思う?
:ヒント13。中学生が本当に何年にもわたって引きこもった親の面倒なんて見きれるものですかねぇ。「シタイ」の面倒ならばともかくとして。
:ヒント14。人間の「シタイ」はいつまで原型を保っていられるかな。
:ヒント15。
:ヒント16。
:ヒント17。
:ヒント18。
:ヒント19。
:ヒント20。
:ヒント21。
……

:ヒントヒントヒント……ってヒントばっかりやん。

:これくらいヒントを出さないと、阿良々木くんが答えに辿りつかなかったんだろうね。

:でも、段々そのヒントが不穏な方向に行っている気がするんだけど……ヒント1でいきなり「なくなっている」って言ってくるし、ヒント10を超えると「シタイ」とか言い出すし。

:そうだね~…そもそも「なくなっている」っていう前提で、なぜ老倉が失踪したと思っているのか?という話になっているよね。

でも、なくなっているんなら、誰でも普通気づくんじゃないかなぁ。

:そこが、老倉が「正気の沙汰」じゃないポイントだね。

老倉の母親は……

:わかったよ、もう!!老倉はほとんど二年間、母親の面倒を見て来たってことだろ!?シタイが腐り果てて消えてなくなるまで!それと気づかずに!
:ご名答。老倉さんのお母さんは突然いなくなったんじゃない。
絶食によってゆっくりと餓シしたんです。そしてそのあとゆっくりと腐っていった。
原形が解らないほどに溶けきったとき、老倉先輩は思ったでしょうね。
「お母さんはどこかにいった」と。
(中略)
:ただまあ、本人も薄々おかしいと思っているんでしょう。
何かがおかしい、自分は何かを誤魔化している気がする。
何かに気付いていないフリをしている気がする。

終物語 老倉の狂気1

:この真相、びっくりしたよ。まさか、気づいてないとは……びっくりしたなぁ。

:私も、まさかシタイを生きてる人間だと思って世話していたとは思わなかったよ……もうなくなっているだろうなぁとは思っていたけど、まさかそれ自体に老倉が気づいていなかったとは。

前回の話で、老倉の声がお母さんについて語っている時は違う様子になっているって考察したけど、それは真相を隠しているからじゃなくて、真相から目をそむけて狂ってしまっているからだったんだなって、ここで思ったよ。

:ここの2年というのは、どういう意味?いつからいつのこと?

:少女老倉が家からいなくなった中学1年の夏から、高校で再会するまでの間のことじゃないかな。

時間としては2年半になるんだけど、最初の何か月かは生きていたはずだから、シタイを相手にしていたのは2年くらいという計算なんだと思う。

:こう……気分のいい話じゃないけど、臭いとかで、気づかなかったのかなぁ。

:それが老倉の狂気なんだろうね。それくらい狂ってしまっている。今現在もね。

終物語 老倉の狂気2

幸せになるために

:そんな思いがあったのでしょう、この三年。そしてこれから一生。
:いや、今日までだ。今から老倉の部屋に戻って全部話してくる。
:阿良々木くん……本気?
:さっきも言っただろ?僕はずっと老倉のことを見て見ぬふりをしてきた。だからこそ、僕はもう老倉をこれ以上は見過ごせない。


終物語 幸せになるために

:阿良々木くんは、どうしてここで話をするという選択肢を選んだんだろう?

:多分、老倉が幸せになるためだろうね。

前回、幸せになるにはどうしたらいいか、っていう話が出ていたよね。

どうして不幸になったのかとか、不幸だった理由から目を背けていたら、幸せにはなれないよね。

老倉は今、母親がなくなり、そのシタイを前に暮らしてきたという事実から目を背けている。

その事実を伝えることで、家族のしがらみから解放されて、老倉自身が幸せになる道を探せるようになると考えたんじゃないかな。

:場合によっては、さらに狂気に陥りそうだけど……シタイを思い出して発狂しそう、僕なら。

:それを言うことによって自分が嫌われることは覚悟していたみたいだけど、さらに狂気に陥る危険性があることを阿良々木くんが予想していたかはわからないね。

まあ、愚か愚かと言われる阿良々木くんだから、想像していなかった可能性もあるのかもね……。

結果は本編の通り、うまくいったけど。

スポンサーリンク

老倉との約束の行方

:(結局、老倉は学校に来ない。交わした約束は反故にされた形だが、しかしそれはやむを得ないことでもあった。)
:今、役場の人に言われちゃった。補助の額が半分くらいになるからもうここには住み続けられないんだってさ。
って言っても大丈夫。もう少し小さな公営マンションが見つかったって話だし。だから私、引っ越すことになる。
直江津高校から転校することになる。


終物語 約束の行方

:せっかく仲直りできたのに、転校しちゃうなんて残念だね。

:そうだね。まぁ、登校するようになったらなったで、戦場ヶ原との仲は心配だったけどねwww

羽川とはとても仲良くなれそうだけど。

:そっちのほうの約束もそういえばあったよね。

:(戦場ヶ原と仲直りするという方の約束はどうやら老倉は守ってくれたらしい)

終物語 コッセツシテルケド

:骨折するほど殴ったんかい!www

:でも、ふたりとも仲直りできてよかったね。

:そうだね。老倉は人づきあいが苦手みたいだし、ここから次の学校に向けてスタートを切れたらいいね。

:ちなみに、先日出た西尾維新さんの新刊『愚物語』に老倉のその後のストーリーが掲載されているらしいし、読んでみるのもいいかも。

手紙の内容は?

:(かつて五年前の夏休み、僕は廃屋の卓袱台の裏に同じような封筒を見つけたのではなかったか。
ただ、あのときの封筒は空っぽだった。
今回は便箋が入っていることが手触りでわかった。
老倉育。あいつはすべての約束を守ったのだ。
小さな変化だが、彼女の変化だった。ここは僕も成長したところを見せなければと、五年前の様にびりびりに破いたりせず、できるだけ丁寧に開けて中から複数枚の便箋を取り出す。
さて、内容は数学のクイズだろうか。それともらしくもないお礼状だろうか。あるいは罵倒のメッセージだろうか。
そのすべてということもあり得るけれど、どれどれ。
僕は思わず綻んでしまった。
なあ。なんて書いてあったと思う?)


終物語 手紙の内容は?1

終物語 手紙の内容は?2

終物語 手紙の内容は?3

終物語 手紙の内容は?4

:うわー!ハッピーエンドだけどなんだかすごく気になる終わり方!手紙には何が書いてあったんだろう!?

:あの後輩について気になることは残ったけど……とりあえず、老倉の件については大団円で終わってよかったね。

手紙は「皆さんの想像にお任せします」という感じなんだろうけど、私は「老倉が考える幸せになる方法」とかが書いてあったんじゃないかなーと思ったよ。それを大好きな数式で証明しているとか。

:幸せになる方法を数式で証明か~…老倉らしいし、それで阿良々木くんが思わずほころんでしまう展開というのは想像できるね。

:皆さんも想像してみたら楽しいですよ。

では、そだちロストの最後の考察……「忍野扇」に関する考察に移りましょう。

:あまり気乗りしていないね。

:怪しすぎて考察することがいっぱいあるんだもんwww

2ページ目に続く

質問者の写真
続きも読んでね。

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

    • ren
    • 2016年 1月 13日

    楽しく読ませて頂きました。
    原作からの情報で恐縮ですが、[におい]については、ゴミ屋敷だから紛れてしまう、包み隠してしまう。という羽川さんのヒントがあったと思います。
    また、扇ちゃんが出したヒント5の答えが[におい]です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

ページ上部へ戻る