終物語アニメ第2話を解説&考察!エッシャー絵パロディの理由とは

終物語2話解説
Pocket

今回の会議参加者

まこ たかし
質問者の写真 たかし通常
女アニオタ 初心者

質問者の写真
この記事は、「終物語」2話解説&考察の2ページ目となります。
質問者の写真
なので、まだ前ページを読んでいない方はまずは1ページ目からどうぞ。
質問者の写真
あ、ちなみに解説&考察記事を書いてみたいという方も募集しています。(途中からでも来季からでも可)
質問者の写真
詳しい内容は以下のリンク先に書いてあるので、興味があったら是非!
質問者の写真
では続きからレッツゴー!

スポンサーリンク

終物語の第2話を解説&考察(2)

戦場ヶ原vs老倉

終物語 現カノ登場

:文房具で阿良々木くんを刺していいのは私だけ。
いくらそのキャラを捨てたと言っても再利用されるのは我慢ならない。

:これ、どういうこと?

:阿良々木くんが最初に戦場ヶ原に関わった時、戦場ヶ原、ホッチキスを阿良々木くんの口に突っ込んで頬と口の中をバチンとしたんだよね……懐かしい話だ。

:女子ってこわい。

:確かにあなたには私、とっても世話になったものだわ。
あなた、自分より下の人には優しかったもの。

:……病気は治ったって感じなの?戦場ヶ原さん。

:そうね、おかげさまで。


終物語 いらだつ老倉

:いるよね、自分より下の人に優しくして、優越感に浸ることで自己顕示欲を満たす人って。老倉もそういうタイプだったのかな。

:難しい言葉使わないでよー。自己顕示欲って?

:自分の存在を社会にアピールしたいという欲求のこと。

老倉の場合、学級委員長をしていたのも、人の世話をすることで自分の存在価値をアピールしたいという欲求から来たものだったのかもしれないね。

そして、たたみかけるように「おかげさまで」という言葉を使う戦場ヶ原。あおってるねー。

:さっき阿良々木くんが使って老倉が怒った言葉じゃん!もしかして、戦場ヶ原はふたりの会話を最初から聞いていた、とか?

:そうかもね。戦場ヶ原ならやりかねないwww

:だとすればそんな無駄なことはやめた方がいいわ。

そいつは何をしてあげたって感謝なんてしないんだから。


終物語 戦場ヶ原vs老倉

:もうひとつヒントが出たね。

阿良々木くんは、「老倉が『何か』してくれたことに対して感謝をしなかった」ことがあるみたい。

予想するとしたら、「老倉が阿良々木に対して数学を教えた」とか?今までの会話の中からの妄想だけどね。

:もしそうだとしたら、老倉は数学を教えたことを感謝されなかっただけで親の仇ほど恨んでることになるけど……それだけの理由だとしたら、老倉は数学狂いすぎのような気が……。

:弱い人には優しい自己顕示欲の強い人が、弱いと思っていた人に超えられることは屈辱的だと思うよ。

まだ予想の範囲だし、老倉が阿良々木くんを嫌いな理由はこれだけじゃないはずだからね。

「正しさ」が何かとか、「自分が何でできているか」とか、謎な要素は残っているし。

:あとこの場面、「自分のほうが阿良々木のことを知っている」という、戦場ヶ原に対する主張のような感じがした。

:え?どういうこと?

:憎くて憎くて仕方ないほど好きな男の彼女に、「あんたより私のほうがあんたの彼氏のことを知っているのよ」っていう、元カノ(昔の彼女)の挑発のように感じたわけ。

まあ、老倉は元カノではないけど。

:うわー……めっちゃ修羅場じゃん。

:まあ、そんな修羅場から泣いて逃げるような戦場ヶ原ではないけどね。

:私は見返りを求めているわけじゃないんだから。阿良々木くんに同じ大学に来てほしいというのがそもそも私の欲なのだから、それ以上の事は望まないわ。


終物語 余裕の戦場ヶ原

終物語 老倉の平手

終物語 戦場ヶ原の右ストレート

:現カノの余裕。そしてビンタ。からのグーパン一発。

:じょ、女子力(物理)……。

スポンサーリンク

回想終了→中学校に戻る

:じゃあ、下駄箱の中の3通の手紙の推理から再開だね。

『a』の封筒を開ける→中の紙には「『b』の封筒は外れだよ。選択を『c』の封筒に変更する?」と書かれている。

終物語 モンティ・ホール問題

:モンティ・ホール問題っていう有名なクイズなんだよ、これは。

モンティ・ホールとはテレビの名前だ。

A・B・C、三つの扉があって、そのうちのひとつに豪華景品が隠されている。

プレイヤーはこの三つの扉から好きな扉をひとつ選べる。

そして選び終えた後、番組の司会者が残る二つの扉のうち、外れの扉をひとつ開けてプレイヤーに教えてくれる。

プレイヤーはその情報を得て二回目の選択の機会を得るわけだ。

最初に選んだ扉を貫くか、それとも選び直して残り一つの扉を選ぶか。簡単にまとめるとこんなクイズである。

:それって選び直そうが直すまいが確率的には一緒じゃないです?

解答を後から教えられたところで確率はそれぞれ三分の一でしょう。最初の選択をする前に外れを教えられていたならともかく。

:そうだね。だけどこれは「解答を選び直す」が正解なんだ。

:うわーーーわかんなーい!なにこれ!どうして選びなおすのが正解なわけ?

:私も混乱したので、他サイトから解説を持ってきたよ……数学は苦手だ~。

詳しく知りたい方は読んでみてね。

モンティ・ホール問題の解説

A、B、C、3つのドアがあり、ある人がAのドアを選んだ場合を考えてみましょう。
このとき、可能性は3つ。
車が「Aにある」、「Bにある」、「Cにある」。
それぞれの確率は3分の1です。
それぞれの場合で、ドアを変えた方がいいのか、変えない方がいいのかを考えていきます。

ではまず、車がAにあった場合。司会者は、BかCのどちらかを開け、「選択を変えますか?」と聞きます。
この時は、選択を変えるとハズレてしまうので、「変えない方が良い」ことになります。

次に、車がBにあった場合。このとき、先ほどとは違う状況になります。
司会者が開けられるドアが1つだけなのです。
Aは、もともと選ばれたドアなので、開けられません
(いきなり正解発表になってしまう)。
Bは、車が入っているので開けられません(これも正解発表になってしまう)。
なので、司会者は、必ずCのドアを開けます。車が入っているBのドアが残されるのです。
「選択を変えますか?」と聞かれたら、「変えた方が良い」ことになります。

最後に、車がCにあった場合。
このときも、司会者が開けられるドアは1つだけ。
Bが開き、車があるCは残されます。つまり、「変えた方が良い」ことになります。
3つの可能性のうち、2つが「変えた方が良い」という結果。
だから、選択を変えた方が当たりやすいのです。

引用:http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110706/P20110706_popup01.html

:つまり、選びなおしたほうが当たる確率が上がる仕組みになっているみたいだよ。

:ふーん……まあ、そういうものとして、そんな問題を誰が中学1年生の阿良々木くんの下駄箱に入れたのか……ってもうほぼわかっているんだけどね。

:それでは、Cの封筒を開けてみましょう。

おやおや?これは地図ですかね。地図に何やら印がつけられているようですよ。

さて、次は当然、この地図に示されている場所に行くんですよね。

阿良々木先輩の記憶を辿る旅、阿良々木少年の足跡を辿る旅の一行としては。

:ここで、次に行く場所が決定したね。

:当然、老倉に関わる場所なんだろうね。

廃屋

:僕はこの廃屋で、ある女の子と待ち合わせをしていたんだ。

:ふむ、ある女の子とは、老倉のことだろうね。

:老倉先輩が2年前の学級会の件で、阿良々木先輩を逆恨みしているという線。これは多分ないでしょうね。

なぜかって?簡単です。老倉先輩が学校に来たからです。

:鉄条が産休で休みを取って、それと入れ替わるように老倉が学校に来たから、このことが原因で阿良々木くんが老倉に嫌われたわけではない、ということだね。

:老倉は鉄条が犯人だって知っていたということになるね……そりゃ、性格もゆがむかー。

:つまり、老倉先輩は、おのれのルーツを知らない、おのれのルーツを忘却している阿良々木先輩の生き方が、さぞかし気に入らないというわけですか。

:ここで扇が老倉に阿良々木くんが言われた内容を簡潔に説明してくれているね。

:でも、これを理解して生きている人なんてなかなかいないよね。

:そうだよね。

:確かに、世の中何が怖いかと言って、わけのわからない理由でこちらを嫌い、攻撃してくる輩がいちばん怖い。

相手の目的がわからないから、対処のしようがない。

戦うためにはまず、相手の正義を知ることだという。

老倉育が、何を正しいと思い、何を正義だと信じているのか、それを探るための、これは旅路である。

:そしてこの旅路が、このそだちリドルのストーリーというわけだね。

:なるほどね。

:ここまでが、アニメ本編の老倉と阿良々木にまつわる話だよ。次は、もう1度本編を見直して、扇の言動について怪しい部分について取り上げていくよ。よろしくね。

:よーし、じゃあよろしく!

②扇の言動について怪しい部分について

・扇が視聴覚室の隣の部屋に行った次の日に、老倉と阿良々木が再会した。
・扇が下駄箱の扉を開けると手紙が入っていた。
・阿良々木はなぜ扇と中学校に来ているか、自分でわかっていなかった。

:まず、この3つが挙げられるよね。

常に行動を先読みしている感じがする。

あと、1話でもそういうシーンがあったけど、阿良々木くんが話した覚えのないことを「言っていた」と言ったりしているよね。

:扇って本当、何者なんだろう?

エッシャーのパロディー

:昨日の件のお礼を言いに阿良々木先輩を訪ねた殊勝たる私に、阿良々木先輩が話てくれたんじゃないですか。

そして不肖私が、じゃあ母校を訪ねてみたらいいんじゃないですかと、僭越ながら提案させていただいたんです。

終物語 エッシャーパロ1

終物語 エッシャーパロ2

終物語 エッシャーパロ3

終物語 エッシャーパロ4

終物語 エッシャーパロ5

:なんか不思議な絵だなあ。

:これは、実物の絵があるよ。それのパロディーなんだろうね。

:え、そうなの?

:エッシャーっていう人の描いた「だまし絵」だね。例えば、何故かりんごが流れている絵のやつは、『滝』っていう有名な絵だね。

:なんでここでそんな絵のパロディーを出す意味があったんだろう?

:予想だけどね、「だまし絵」というだけあって、「扇が阿良々木くんをだまして中学校まで連れてきた」ということを表しているんじゃないかな。

:だます?なんだか穏やかじゃない感じだね。

:もしくは、混乱させているとか……だまし絵って、見ていると何が正しいかわからなくなる絵なんだよね。扇が阿良々木くんに対してそういう状態にしている可能性は十分にあると思うよ。

撫子の下駄箱

終物語 撫子の下駄箱1

終物語 撫子の下駄箱2

:あ、撫子の下駄箱がここにあるのか……。

:撫子って?

:千石撫子。阿良々木くんの妹である月火(つきひ)の小学生時代の友達で、阿良々木くんとも面識があるよ。ここで扇が撫子の下駄箱を見つめていたのがすごく気になる……。

・「両親が警察官」と何故か扇に言ってしまう。
・「私はつい最近生まれたんじゃないか、と思うくらいです」と扇が語った。
・「屋敷にひと夏通い続けた」と会話に出てきていない情報が扇から出てきた。
・扇に対しては嘘がつけない、気づいた時には語り終わっている。

:ここで出てきた情報としては、「扇に対しては隠し事ができない」ということだね。

あと、「私はつい最近生まれたんじゃないか、と思うくらいです」っていうのは、どういう意味なんだろう?

:最近生まれたように感じるくらい昔のことを覚えていないのに、阿良々木くんのことはなんでも知っているって、怪しい人物だね……というか、本当に人なのかな?そもそもそこから怪しく感じ始めたわ。

スポンサーリンク

閉会式

質問者の写真
前回と同様、次回の予告はなかったね。
質問者の写真
予告があると、ある程度予想できちゃうからじゃない?
質問者の写真
なるほどねー謎は謎のままで次回を待て!って感じかな。
質問者の写真
次は、中学校時代の回想がメインになりそうだね。
質問者の写真
あとは、扇がどういう言動をするのかすっごく気になる。
質問者の写真
扇が何者が予想するのは難しいわ~…これについては、ぜひコメントもいただければと思います。よろしくお願いします!
質問者の写真
下にスクロールして、他の記事も読んでいってね!

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2015年 11月 01日

    戦うためにはまず、相手の正義を知ることだという。

    阿良ヶ木暦が、何を正しいと思い、何を正義だと信じているのか、それを探るための、これは旅路である。

    そう、忍野扇にとっては。

    ってこと?

    • アニゴエBOSS
      • アニゴエBOSS
      • 2015年 11月 03日

      コメントありがとうございます。
      「そう、忍野扇にとっては。」というところは、つまりこの記憶巡り自体が扇の目的ということですかね?
      なるほど……私はそこまで予想できていませんでした。

      4話終了時点で、扇が阿良々木くんに同行している理由が自分の中ではまだあやふやだったのですが、これが扇の目的だとしたら、また見え方が変わってきますね。(まこ)

    • 匿名
    • 2015年 11月 01日

    >>「私はつい最近生まれたんじゃないか、と思うくらいです」

    (一部審査NG)

    ミスリードかもしれないけど。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

過去の記事を見る

ページ上部へ戻る