ガンダム鉄血2話を解説&考察!バルバトス操縦と阿頼耶識の仕組み

鉄血のオルフェンズ
Pocket

今回の会議参加者

ハチマキ たかし
ハチマキ通常 たかし通常
考察者 質問者

質問者の写真
鉄血のオルフェンズ第2話は戦闘シーンも大迫力だったし、いよいよガンダム全開って感じだったね。
質問者の写真
1話で世界観をがっちり固定して、2話でより掘り下げていく感じがうまいなぁって思ったよ。
質問者の写真
うんうん。なんの違和感もなく見れたし、もう終わっちゃったって感じだったな。
質問者の写真
あ、そうそういろいろ気になることがあったから聞きたいんだけど?
質問者の写真
おk!じゃあこれから順を追って解説と考察をしていくよ。
質問者の写真
というわけで、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第2話の解説&考察をやっていきます。

スポンサーリンク

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第2話キャラ名復習

質問者の写真
解説&考察をしていく前にまずはキャラ名の復習をしておこう。
名前 呼び方 特徴
三日月・オーガス 三日月 主人公
オルガ・イツカ オルガ リーダー
ビスケット・グリフォン ビスケット 有能ぽっちゃり
ユージン・セブンスターク ユージン オルガに反発
昭弘・アルトランド 昭弘 主人公の次に強い
タカキ・ウノ タカキ 男の娘
シルバ・シノ シルバ 大きな体躯
ダンテ・モグロ ダンテ ヒューマンデブリ
ライド・マックス ライド 口は悪いが仲間思い
マルバ・アーケイ マルバ 人望のないCGS社長
ナディ・雪之丞・カッサパ 雪之丞 いいおじさん
クーデリア・藍那・バーンスタイン 藍那 メインヒロイン
アトラ・ミクスタ アトラ ヒロイン?
フミタン・アドモス フミタン メイド
ノーマン・バーンスタイン ノーマン 腑抜けなお父さん
マクギリス・ファリド マクギリス特務3佐 強そうな敵
ガエリオ・ボードウィン ガエリオ特務3佐 強そうな敵
アイン・ダルトン アイン 新人っぽい敵
クランク・ゼント クランク 老練な敵
コーラル・コンラッド コーラル閣下 火星支部長

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第2話を考察&解説(1)

スポンサーリンク

質問者の写真
前置きを終えたところで、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第2話の解説&考察をしていこうか!
質問者の写真
解説を入れながら、現時点で明かされてない点を考察していきます!

モビルワーカーで代用

鉄血 モビルワーカー

ハ:画像のシーンで雪之丞からバルバトスの現状が語られた。

転売目的でマルバ(CGS社長)が秘蔵
・コックピット回りは無い
モビルワーカーで流用可能

ハ:驚くことにモビルワーカーのシステムでバルバトスは動くらしい。ちなみにコックピットに使われたのはそれまで三日月が登場していたモビルワーカーだね。

た:え?そんなことわかるの?

鉄血 コックピット

ハ:このシーンでコックピットに使われているのがわかる。

た:せっかく主人公だけ白色のワーカーでかっこよかったのに・・・

ハ:ちょっとそれ思う。けどそれまで三日月が操作していたワーカーだし、他のワーカーを使用するよりはマシなんじゃないかと思う。

主人公は字が読めない

鉄血 字

ハ:前回の考察でも触れたけど、2話ではっきりと主人公が字が読めないことがわかったな。

た:字が読めないっていうのは僕には想像もできないよ。どうやって暮らしているんだろう。

ハ:いや、日本は今でも1%の人が字を読むことができないってデータがある。生きるために少年兵をしている三日月達にとっては読めないほうが当たり前なのかもね。

阿頼耶識について

ハ:そしてここで阿頼耶識について新しい情報が出たね。まとめると

成長期の子供にしか定着しないナノマシン
・危険で人道に反する
・ナノマシンによって脳に空間認識をつかさどる器官を疑似的に形成
・モビルスーツの情報を直接、脳で処理
フィードバックにより脳神経が・・・

ハ:この説明で阿頼耶識が相当危険なシステムであることがわかる。

た:だから大人達には阿頼耶識がついていなかったのかぁ。阿頼耶識が大人達にあったら自分たちで動かしているよねぇ。

ハ:そういうことだね。気になるのは子供の頃に阿頼耶識をつけて大人になったらどうなるかってこと。

ハ:たかしくんが言うようにCGSに阿頼耶識をつけた大人がいないし、もしかしたら阿頼耶識に頼った操縦をしていけば大人になるまでに命を落としてしまうのかもしれないと推測。

機体名

鉄血 機体名

た:あれ?GUNDAM FRAME TYPEって書いてあるけど?なにこれ?

ハ:ガンダムフレームについては公式HPに書いてあるよ。

約三百年前に起こった「厄祭戦」時に製造されたモビルスーツのフレーム。エイハブ・リアクターを二基搭載しているため高出力だが、並列稼動させるのが非常に困難だったため、このガンダム・フレームを採用した機体は、72機のみが計画され、ロールアウトした。

 
バルバトスの他にも71機あることが明記されている。ちなみにこの72機にも意味がある。

た:意味?

ハ:バルバトスが悪魔の名前というのは前回の考察記事で書いたけど、この72という数字も悪魔に関係があって「ソロモン72柱」のことって噂。

た:へー!意味があるんだ!ソロモン72柱ってなに?

ハ:イスラエル王国3代目のソロモン王が封印したとされる72体の悪魔のことだよ。

た:ふーん。つまりパイロットへ大きな負担を強いる代わりに、力を与える。まさに悪魔との契約ってわけだ(暗黒微笑)

ハ:う、うん。他にもこの画面の英語をよく見るとノーマルモードスタートと書いてある。つまりバルバトスには他にもモードがあるんじゃないかと妄想。

接続シーン

鉄血 接続

ハ:阿頼耶識によってバルバトスに接続した三日月。しかし接続しただけで鼻血を出し、普段は寡黙な三日月が声をあげていることから、相当な負担が脳にかかっていることがわかるね。

ハ:そしてさっきまで読めなかったバルバトスという機体名も接続によって理解している。

た:どうしてわかったんだろう?

ハ:うーん。接続したことによって機体とシンクロ状態になったからって感じなのかな?ナノマシンの影響もあるだろうけど・・・

あくまでも操縦ではなく接続。機体に乗るんじゃなくて機体になるってイメージを僕はしているよ。

鉄血 網膜

ハ:機体と視界をリンクする網膜投影のシーン。パイロットは厳しい訓練によって操縦技術をマスターするんだけど、このシステムのおかげで操縦訓練無しでも自分の体のように機体を操作できる。

ハ:これほどのリンクを機体としているのなら、被弾した場合自分の脳にも痛覚がくるんじゃないかと。これからの戦闘は被弾することもあるだろうし注目していきたい。

スポンサーリンク

グレイズの機能

鉄血 グレイズ

ハ:その後の戦闘で、敵のMSグレイズを圧倒する三日月とバルバトス。整備不良でこれだけの戦闘力とは思いもしなかった。

ハ:そして、このシーンで明らかになったのは、グレイズの顔の解放機能。用途はパイロットの声をスピーカーするみたいだ。

体への負担

鉄血 気絶

ハ:戦闘後、気絶してしまう三日月。

た:これは脳のダメージ?疲労?

ハ:うーん。かなりの出血をしていたし貧血の可能性もある。けどナノマシンによる脳へのダメージも深刻なんだろう。やはり、阿頼耶識で身を削ってる分、操縦能力を得ることができる諸刃の剣だと思う。

明かされるシナリオ

鉄血 シナリオ

ハ:前回考察した内容と、閣下のシナリオとは違うことがわかるね。

「火星独立運動の旗頭だったクーデリア・藍那・バーンスタインが我々の襲撃により華々しい戦タヒを遂げる。ヒロインを失った火星は今まで以上の混乱に陥り地球への憎しみを強くする。そういう手筈だったのに!」

た:つまり憎しみを強くして独立運動を過激にしたいってこと?

ハ:うん。たぶんだけどね。

少年兵であろうと始末しろと言っていた非常な閣下だし、独立運動が過激になれば武力介入ができる→武力による火星の統治って狙いがあったんじゃないかな。

次のページに続く

質問者の写真
続きも読んでね。

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

過去の記事を見る

ページ上部へ戻る