Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nobuhiro/aniotakaigi.com/public_html/wp-content/plugins/similar-posts/similar-posts.php on line 557
終物語アニメ第1話を解説&考察!老倉育が多数決に踏み切った理由 | 自称アニオタ会議部屋
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nobuhiro/aniotakaigi.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

終物語アニメ第1話を解説&考察!老倉育が多数決に踏み切った理由

終物語1話 考察
Pocket

今回の会議参加者

まこ たかし
質問者の写真 たかし通常
女アニオタ 初心者

質問者の写真
この記事は、「終物語」1話解説&考察の2ページ目となります。
質問者の写真
なので、まだ前ページを読んでいない方はまずは1ページ目からどうぞ。
質問者の写真
あ、ちなみに解説&考察記事を書いてみたいという方も募集しています。(途中からでも来季からでも可)
質問者の写真
詳しい内容は以下のリンク先に書いてあるので、興味があったら是非!
質問者の写真
では続きからレッツゴー!

スポンサーリンク

終物語の第1話を解説&考察(2)

阿良々木くんの口癖

:『友達はいらない、友達を作ると人間強度が下がるから』……阿良々木先輩の口癖だったそうですねぇ。
もっとも、羽川先輩と縁があってからは二度と使わなくなったそうですが。


:なに?この口癖。

:阿良々木くんはこんな口癖を持っていたらしいね。

阿良々木くんが羽川と縁があったことが書かれているのは、阿良々木くんが吸血鬼になった事件の日である3月25日の出来事が書かれた『傷物語』だから、その経緯は映画の公開待ちだね。

:羽川って?

:羽川というのは、羽川翼という、今の阿良々木くんのクラスの学級委員長で、猫の怪異に行き会った女の子のことだよ。

「つばさファミリー」「つばさキャット」「つばさタイガー」などでメインヒロインとして登場するよ。

二年前

:2年前ということは、阿良々木くんは今3年生?

:そうだよ。物語シリーズは基本阿良々木くんの3年生の時の出来事だからね。

:彼女の名前は老倉育。本人はオイラーと呼ばれたがっているけれど、実際にはHow much(ハウマッチ)と呼ばれている。


終物語 老倉登場

:あ、オイラーって最初のほうで出てきたやつだ。よくわからない数式のやつ。

:そんな名前で呼ばれたがっているとか、よほどの数学好きじゃないと考えないよね。

:で、なんでハウマッチなの?変なあだ名。

:「おいくら?」→「How much?」(英語で値段を聞くときの冠言葉)というわけ。

:考えた人、面白いねwww

スポンサーリンク

教室はすでにフルメンバー

終物語 教室は満席

:おお、文字がたくさん。

:文字だけだとわかりにくいけど、阿良々木くんが教室に入った時にはクラスメイトが全員揃って座っていたみたいだね。

:はあ、全員ですか。フルメンバーというわけですね。今は無人の教室ですが、その時にはすべての席が埋まっていた、というわけですか。なるほどなるほど、光陰矢の如し、十年一日ですね。

:ああ、いや、十年じゃなくて二年だし。まあ、細かいことを言えば、老倉のやつは、教壇に立っていた。


:なんかまた難しい言葉が出てきたー。

:「光陰矢の如し」は、「月日の経つのはとても早い」という意味で、「十年一日」は「長い年月の間、何の変化もなく同じ状態である」という意味だよ。

:ん?ここで関係のある言葉なの?

:「怪異となった原因の学級会が、2年もの間解決しないままで、怪異として表れている」ということを言いたかったんじゃないかな、扇は。

阿良々木くんはぼっち?

:でも不思議ですね。阿良々木先輩は、その学級会が開催されることを直前まで知らなかったんですよね。

:それは、単純な伝達ミス、だったらしい。その日のうちに、クラスの全員に連絡網というか、折りたたまれた手紙とか、メールとか、そんなのが出回っていたらしいんだが、それらが一通も、僕のところには届かなかったんだ。

:え、それって、今風に言うところの「ぼっち」っていうやつなんじゃ……。

:やや誤解だ!

(完全なる誤解じゃないが)

(阿良々木暦≒ぼっち)


:うっ……阿良々木くんかわいそう……それにしても、なんで阿良々木くんのところにだけ連絡が行かなかったのかな。

:さっきの老倉って子の嫌がらせ、っていう可能性はないかな。阿良々木くんのことを睨んでいたし、わざと仲間外れにして阿良々木くんの立場を悪くしたかったとか。もし嫌いなやつに学級会の足を引っ張られたくなかったら、一番最初に自分から伝えに行かないかな、学級委員長なら。

:老倉のことを「人を値踏みするような目で見る」って阿良々木くんが言っていたけど、学級委員長をそんな人間に任せていいのかよー。

:なんか、クラスの雰囲気がなんとなくわかるね。学級会やってもギスギスしそう。

戦場ヶ原ひたぎ

:僕は、戦場ヶ原ひたぎの席を確認した。彼女はとても病弱で、1学期の半分も登校してきていないイメージがある。


終物語 1年生の戦場ヶ原

:戦場ヶ原ひたぎっていうのは?

:ああ、5月8日の「ひたぎクラブ」で縁のあった、蟹の怪異に関わった女の子だよ。

ちなみに3年生の5月から阿良々木くんは彼女と付き合っている。

:えっ、阿良々木くんリア充なの!1年生の時はぼっちだったのに勝ち組じゃん!

:ひどい言われようwww1年生の時も同じクラスだったんだね。

犯人当て

:期末試験が始まる前日の放課後、参加希望者を募って、数学の勉強会があったんだ。老倉は、それに参加したらしいんだけど。

:へえ、勉強会。

:でも、試験が終わった後、勉強会に参加した生徒と、不参加だった生徒との間には、点数にして、20点ほど点数に開きがあった。「これは何らかの不正行為があったと見るべきだ」というのが、老倉の主張だった。
何者かが職員室から数学の問題を入手し、その試験の内容を勉強会にさりげなく反映させた。だから、勉強会に参加した生徒の成績が、そうして高くなった。

(中略)

:繰り返しますが。(バン、と教卓を叩き、阿良々木を睨む)

:!(気づく阿良々木)

:犯人を特定するまで、もしくは犯人が名乗り出るまで、誰もこの教室からは出しませんから、そのおつもりで。


:この「犯人当て」というのが、阿良々木くんの言う「裁判とも言うべき学級会」の概要、というわけだよ。

:ここでも阿良々木くん睨まれてるし、なんか本当に嫌われているんじゃない?

:学級会の議長は、阿良々木先輩が務めたという話でしたよね。

:ああ、そこで議長交代だ。

:阿良々木先輩はどうして指名されたのでしょう?

:勉強会に参加した生徒が場を仕切るのがまずい、ということはわかるよな。
かと言って、残りの誰でもいい、ということにはならない。何せ、議題の中心にあるのは数学の試験だ。
試験問題の見分に話が及ぶことは避けられない。じゃあ、数学の成績があまりよくなかったものには任せられないってことになるだろ。

(中略)

:ただし、勉強会に参加していた全員よりも成績が良かったのは、僕だけだった。

:え?

:だから、僕が議長に選ばれただけだ。

(中略)

:もう伝わっていると思うけど、老倉委員長が僕を病的なまでに嫌っているのは、僕が数学が得意だからだ。
自分がオイラーと呼んでもらえないのは、数学の点数において、おのれを上回る僕のせいだと、彼女は確信しているんだ。


:え、単なる嫉妬?阿良々木くんは数学の点数が老倉よりよかったから睨まれた、というわけだったの?

:阿良々木くんはそう認識しているみたいだね。老倉はオイラーって呼ばれたがってるくらい数学が好きみたいだから、嫌われるのも仕方ないのかも。

違う方向を向いていた席の持ち主

:さあ、迅速に進行してもらいましょうか、阿良々木。


終物語 着席

:あ、この席。一番後ろで椅子が違う方向を向いていた席は老倉のところだったんだね。

:でも、なんで違う方向をわざわざ向いているんだろうね。

犯人探し

:勉強会に参加していた生徒は、19人だった。

(中略)

:ここで言ってしまうけれど、扇ちゃん、この学級会で、犯人は判明したりはしないぞ。

:え?

:険悪になるだけ険悪になって、まあ、ぐだぐだになって、何もわからないまま終わった。そして……。

:あ、そっか!私たちがこの教室から脱出する方法がわかりましたよ!阿良々木先輩。
つまり私たちは、2年前に未解決に終わったその事件を、今こそ解決することでここから出られるんです。


:なるほど、犯人探しをここでしなくちゃいけないわけなんだね。でも、老倉はわかるまでここから出さないって言っていたのに、なんでわからないまま終わることになってしまったんだろう?

:続きを見ていこうか。

:その後、学級会はどうなったんですか?


:箇条書きで書いていくね。

・19人の名前がわかったところで、蟻暮から、犯行可能なのは19人に限らないと文句が出て、勉強会に参加していなくても高得点だった人は犯人候補に含めるべきだと言った(机の上には手袋)

→阿良々木を含め5人が容疑者に追加される

・毬角から「そもそも勉強会があったのか疑わしい」という意見が出る(机の上にはハサミ)

・次の日の日直の砂浜が勉強会の後片づけをするはめになった(机の上にはホウキとチリトリ)

机を並び替えたり、黒板を消したり、お菓子の袋のゴミ出しをした。

・鉄条もそれを手伝った(机の上には赤ペン)

・氷熊から模範解答を横流ししたら気づくはずだという意見が出た(机の上には眼鏡)

・老倉から試験問題の具体的な内容を検証しましょうという意見が出た

:うーん、何が何だかさっぱりわからないや。本当に犯人なんているの?

:そんなこと言ったら老倉に睨まれるよwww

阿良々木くんはここでは解決しないと言っていたけど、犯人を見つけないと教室から出られないんだから、頑張って探さないと。

犯人はわからないのに特定された

:僕が絶望したのは、議論じゃなくて、結論なんだ。

(僕たちは正しい議論をしてるって感覚がどっかにあったんだよ)

(中略)

:結論?しかし犯人がわからないというのが、結論だったんですよねぇ。

(中略)

:犯人はわからなかった。しかし、特定されなかったわけじゃない。

:はあ?

:それが絶望の原因だ。わからないことも決めてしまえるという現実、それに絶望した。


:犯人はわからなかったのに、特定された?

:最初に出てきた、あれじゃない?

:なんだっけ?

:阿良々木くんが最初に言っていたじゃない。「数の多さで解が決まってしまう話、『多数決』の話」って。

:あ、もしかして、多数決で怪しい人を犯人に決めちゃったっていうこと?

:続きを見ていこう。いろんな人が一斉にしゃべる部分だから、拾えたところを書くね。

もういいよめんどくさい。私が犯人ってことにして終わろうよ。こんな議論。

お前そんなこと言い出したら話になんないだろ。誰かかばっているのか?犯人知ってんじゃないのかお前。

大体犯人なんて本当にいるの?

いるって前提で話すってことにしただろ。蒸し返すなよ。

いや、実際問題として、職員室から試験問題を盗むなんてことするやつが、私たちの中にいるの?

倫理観がどうっていうより、物理的にそんなことができるかどうかってこと……

いや、俺は度胸の話をして……

バカじゃないの、そんな議論になんの意味があるの……

みんな、嘘ついているやつがいるじゃん。

聞いてられないって……

今は試験問題の……

繰り返す、最後の問題を勉強会で教えていたのは老倉だった、確信はないけど。

確信がないことを言わないでよ、それで誰かの人生が狂ったら責任が取れるの?

ねえ、帰りたいんだけど!そういう議論は、僕のいないところでやってくれないかな?

帰らせません。

帰ったら犯人にされちゃうんじゃ……

いいよそれで……

これが冷静になれるかよ!

大体阿良々木が100点取ったんだから、これは解けるテストなんだよ。

戦場ヶ原さんはどう思うの?

よくわかりません。

阿良々木、ちゃんと進行してよ。

なんで数学だけ勉強会開いたの?

数学が担任のクラスで、数学の平均点が悪かったら……

委員長さんの点数稼ぎってやつだろ……

そんな理由じゃありません。数学が勉強の中で最も美しい教科だからです。

美しいとか、お前の都合だろ……

数学の美しさを理解しないの?

ケンカじゃねえよ……

終物語 議論紛糾

:…………。

:お疲れ、まこ。

:全部とは言えないけど、拾えるところは拾ったよ。どうかな?

老倉が疑われている発言が何か所かあるね。あと、担任は数学の先生なんだね。実際老倉が犯人である可能性はあるのかな?

:今のところ五分五分だと思ったよ。理由だけど、

・犯人である理由→点数が勉強会参加者の中で最も高い。委員長として数学のクラス平均点を上げたかった。

・犯人でない理由→犯人がわざわざ学級会を開く必要がない(自らを危険にさらすことになるから)。数学好きが不正行為をやるか疑わしい。

:なるほどね。

スポンサーリンク

老倉、阿良々木に対してキレる

:これもう続行不可能だろ。収拾つかねえよ。これ以上ひどくなる前に終わろうぜ。

:何弱音吐いてるの?私よりいい点取ってる奴があきらめる気?犯人を特定するまで誰も帰さないわ。

:そんなことできるわけないだろ。下校のチャイムが鳴ったらみんな家に帰るんだよ。お前だってちゃんとわかってるんだろ?

:!

:(忘れていた。僕がどれだけ老倉に嫌われているか。)

:私はお前が嫌いだ。


終物語 老倉キレる

:ここでキレちゃったね。どの言葉が老倉の地雷ワードだったの?

:うーん、嫌いな阿良々木くんに諭されたことが頭に来たのかな?想像だけど。今後わかるのかな。

多数決の結果

:皆さん!議論はもう十分に尽くされたと思います。なので、これから決を取ります。誰が犯人なのか、多数決で決めます。

:あー、へえ、そういうことですか。そこでクラスの大半が挙手して阿良々木先輩が犯人に仕立てあげられたんですね。

:違う。僕のときに手を挙げたのは老倉ひとりだった。

:え。

:クラスの大半が挙手したのは、出席番号六番、老倉育のときだった。


:え、えー!老倉が犯人になっちゃった。

:多数決だもんね、老倉が犯人じゃないとしても、犯人にしてしまえるのが多数決というわけだ。

:本当に老倉が犯人なの?

もしそうだとしたら、この怪異も出現しないんじゃない?さっきは五分五分だって言ったけど、真犯人は他にいるんだと思うよ。

:オイラーちゃんかわいそう……あ、でも老倉は阿良々木くんの時に手を挙げたんだよね。いくらなんでも嫌いすぎじゃないか?

:多分、地雷ワードを踏み抜いたせいでプッツンして、阿良々木くんを犯人にしてしまえる多数決に踏み切ってしまったんだろうね。

阿良々木くんは勉強会には参加していなかったけど、100点満点を取っている。

もし答案を盗んだのが阿良々木くんだった場合、阿良々木くんはその答えを全部写せば満点取れるわけだから、容疑者としては有力だった。勝算があったんだろうね。

:うーん、老倉……複雑な子だなあ。

:老倉の席が違う方向を向いていたのは、急に立ってそのままになってしまっていたんだね。怨念みたいなものを感じるよ。

3ページ目に続く

質問者の写真
続きも読んでね。

Pocket

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品

アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

ページ上部へ戻る