コンクリート・レボルティオ13話を解説&考察!アースちゃん破壊の犯人

コンレボ13話 考察
Pocket

今回の会議参加者

えふくら たかし
えふくら通常 たかし通常
考察者 質問者

質問者の写真
いよいよ1期最終話!13話おもしろかったね!
質問者の写真
おもしろかったー!色々すっきりしたけど、謎も増えたー!
質問者の写真
気合入れて解説と考察するよ!
質問者の写真
よろしくお願いします!
質問者の写真
それにしても、2クール目早くも楽しみだ
質問者の写真
すべての謎は2クール目で明かされるんだろうか。。
質問者の写真
ぜひ明かして欲しいね!それじゃあ第13話「新宿擾乱」解説と考察開始!

スポンサーリンク

コンクリート・レボルティオ(コンレボ)のキャラ名復習

質問者の写真
今回の主要な登場人物を確認しておこう
名前 呼び方 特徴
人吉爾郎 ジロウ 主人公
星野輝子 キッコ ヒロインの魔女っ娘超人
鬼野笑美 エミ ジロウの幼馴染で妖怪
風郎太 風郎太 金髪少年オバケ
芳村兵馬 ジャガー 時間停止能力者
人吉孫竹 人吉博士 ジロウの養父で科学者
秋田大司 課長 超人化の課長
怪剣クロード クロード 謎の仮面の超人
三矢准一 三矢氏 元防衛庁長官の政治家
ナガカワジン ジン 魔界研究者でジロウの幼馴染
南零一 零一くん 学生運動に参加した超人
サイエンサー サイエンサー 警察の魔法科学専門家

解説と考察

スポンサーリンク

質問者の写真
さて、今回は少し時系列が前後したね!解説を入れながら13話を振り返っていこう!

13話の時系列の見方

:今回は3つの時系列が出てきたね!

:2つだと思ってたら、最後の最後に3つ目が出てきた!

:時系列で整理すると、神化20年に広島で赤ん坊のジロウが、人吉博士に抱き抱えられるシーン。

人吉博士 抱き抱える

:あの巨大な影はいったい。。

ジロウ 龍の影

:あれはインパクトあった。

この辺も後で考察するよ。

:次は神化43年8月?

:そうだね、サイエンサーが政府による、超人の人体実験を発表するシーン。

人体実験 公表

警察が依頼したのに、警察が止めてたのはちょっと面白かった。

:あの件が発覚したことをきっかけに、学生運動が高まったんだ。

:確かにあんな事公表されたら、糾弾されてもしかたないなぁ。

:最後が神化43年10月だね。

新宿でのデモから、改正された超人法が否決されるまで。

:今まで出てきた超人が、いっぱい出てきて楽しかった。

:それぞれの立場で行動していたのが、印象強かったかな!

:今後の展開も含めて、本編の解説お願いします!

:了解!じゃあ時系列を振り返ったところで、解説と考察始めよう!

前回の続き

:今回はてっきり、前回の館の続きからだと思ってたんだけど、結局あの後どうなったってことになってたの?

:確かに、いきなりでこんがらがったよね。

:超人課のみんなが喪服を着てたから、秋田課長が退場したのはわかったんだけど。

:どうやらあの後、課長は姿を消し、クロードとキッコは取り逃がした(わざと)みたい。

そして、課長はクロードにやられたのではなく、病気で最期を迎えた扱いにされたみたいだよ。

:え、そうなの?そんなシーンあったっけ?

:みんなが超人課の部屋で喪に服しているシーンで、ジャガーが部屋を去ったあと、風郎太が新聞を切り抜いてたんだけど、それが秋田課長に関する記事だったんだ。

:へーそうだったんだ、どういう記事だったの?

:課長は持病はなかったけど、突発性の病が原因って発表されたみたい。

ちなみに、暴漢に襲われたわけではないってわざわざ書いてあったよ。

:そうなんだ、やっぱりクロードにやられたことを隠すためなのかなぁ。

:それもあるし、宇宙人っていうのを隠すためでもあっただろうね。

三矢の真の目的

:今回三矢議員の目的もはっきりしたね。

:超人法に賛成してくれるって言ってた人だよね。

帝都広告の2人が話に来てる時、それっぽい話をしてるのかなって思ってたんだけど、三矢議員は結局何がしたかったの?

三矢 帝都広告 会話

:どうやら、超人を管理したり、超人を保安隊に入れるみたいな話は二の次だったみたい。

真の目的は、人種隔離政策を進めることだったみたいだよ。

:超人を隔離するってこと?

:超人として国に登録されると、人間の法律は適応されないみたいなんだけど、超人の定義がきちんとされたいないから、犯罪予備軍や危険思想の持ち主、人種の違いを逆手にとって超人として扱い、隔離したいと考えてたみたいだね。

:一般の人が標的だったってこと?!

政府に反対する人間や、政府にとって都合の悪い人間を排除するのが目的だったみたい。

:ひどいやつだなぁ。

秋田課長のその後

:でも結局三矢は、課長に乗っ取られちゃったんだよね?

課長 煙

:そうだね、課長は三矢を乗っ取ることで、自分が進めようとしていた超人法を破棄したんだ。

:なんでやめちゃったんだろう。

:もともとは、自分達の進化に追いつかせるために、管理したり守ったりしようと思ってたみたいなんだけど、そういった導くような行動が傲慢だったって考え直したみたいだよ。

課長 国会

:そっか、でも三矢を乗っ取ったってことは、まだまだ絡んできそうだね。

:そうだね、考え方はジロウに似ているから、意外とジロウのバックアップに回るのかもしれないな。

:あるかも!

:2クール目での課長の立ち回りも必見だね。

キッコが闇落ちした理由

:そういえば、キッコが闇落ちしたのは、ジンの仕業みたいだったね。

:え、そうなの?

:ウルが話してた感じでは、ジンの薬とクロードの暗示、ジロウへの失望が原因だったらしい。

:あの薬はやっぱり風邪薬ではなかったんだ。

:北海道でウルが、「あっ、それは!」って焦ったのは、闇落ちするのがわかってたからみたい。

:確か、ウルがジンをキッコに紹介してたと思うんだけど、ウルが仕組んだことでもあるってことかな?

:そうだね、ウルはクロードとキッコがくっつくことをよしとしてたみたいだし。

もしかしたら、エミも知ってたのかもしれないよ。

:え、なんで?

:ジロウからキッコを離したかったし、ウルとの密会はこの打ち合わせだった可能性があるね。

ジロウがキッコを見捨てなかったから、あの舌打ちになったんじゃないかな。

エミ 舌打ち

:なるほど、そうなのかも、でもそう考えるとエミも黒いなぁ。

:エミは本当にジロウのことを愛してるみたいだから、愛ゆえの行動だと思うと可愛い気もするけどね。

スポンサーリンク

アースちゃん破壊

:今回アースちゃんが破壊されてたのが、衝撃だったんだけど、アースちゃんに何があったんだろう?!

アースちゃん 破壊

:確かにショックだった!

:やっぱり、デモを止めようとして、学生たちに破壊されちゃったのかな?

:うーん、それも考えられるんだけど、学生にアースちゃんがやられるとは思えないし、違う可能性も考えられうと思う。

:どういう可能性があるの?

:弓彦に捕まったアースちゃんだけど、何かを察知して飛び出していくシーンがあったよね?

アースちゃん 察知

:あったあった!

:あれで向かった先で破壊されたとしたら、悪いことを考えている奴のもとに行った可能性がある。

:確かに、アースちゃんはそういうのを察知できるんだもんね。

:あの時出てきた中で、アースちゃんを破壊できるとしたら、ウルティマ里見が考えられると思うんだ。

:そっか、2人とも裏で暗躍してる人たちだもんね。あるかも。

:ウルティマが第一候補かなぁ、生田研究所の分館にアースちゃんが保管されていたのとも、つながるし。

:そう言われれば、そういう流れも考えられるなぁ。

:学生にただ壊されてウルティマに回収されたとかもあるから、あくまで予想だけどね。

次のページに続く

質問者の写真
続きも読んでね。

Pocket

解説&考察記事を書いてみたい方を募集!報酬あり!!→詳しくはこちらから!(4/5内容大幅改定)

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。この記事を気に入って下さったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトではアニメ情報に加え、放送中アニメの解説・考察の記事も書いています。更新頻度も高めなので、サイトをお気に入り登録して毎日の暇つぶしにでもして下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アニメ好きのつぶやき

解説・考察隊メンバー紹介

解説&考察作品


アニゴエBOSSBOSS
アニメプロフ
視聴済み一覧

-解説考察作品-
2015春
血界戦線
シドニアの騎士
パンチライン
プラスティック・メモリーズ

2015冬
アルドノア・ゼロ
艦これ
クロスアンジュ
蒼穹のファフナーEXODUS
デス・パレード
東京喰種√A
ユリ熊嵐

ハチマキ
ハチマキ
-解説考察作品-
2015秋
鉄血のオルフェンズ

2015夏
がっこうぐらし

2015春
俺ガイル

いかあくま
いかあくま
-解説考察作品-
2016春
ガンダムUC RE:0096

2016冬
僕だけがいない街
おそ松さん

2015秋
櫻子さんの足下には~

2015夏
乱歩奇譚

大石陽
大石陽
-解説考察作品-
2015秋
すべてがFになる

まこ
まこ
-解説考察作品-
2015秋
終物語

えふくら
えふくら
-解説考察作品-
2015秋
コンクリート・レボルティオ

ピョン
ピョン3号
-解説考察作品-
2015夏
六花の勇者

過去の記事を見る

ページ上部へ戻る